« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

天元台スキー場 Ⅱ

GW直前のスキー場は、ガラガラでした。スキーヤー、20数人、ボーダー、わずか4人!!(笑) 米沢あたりは、ほんといいところです。続けて2回も行くくらいですからね。(爆)    イギリスの女性探検家・旅行家である、イザベラ・バードも、置賜地方を絶賛しています。バードは、明治の初めに来日して、東北地方を旅している。。。 そこで、イザベラ・バード著の「日本奥地紀行」から引用。。。。。。「米沢の平野は、南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくエデンの園である。鍬で耕したというより、鉛筆で描いたように美しい。 (中略) 実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である。」  #Ⅲへと続く。。。。。。 

Cimg28225最上部、つがもりゲレンデ左側に広がる、無圧雪の新雪バーン。珍しく、右側下部は少し圧雪されていましたが、左側は、新雪が降り積もったままの無圧雪バーンでした。

Cimg28236ボードを腰に担ぎ、新雪バーンを少し登ったあたり。。。。最上部地点。 ボードを装着し、斜度32度の急斜面を見下ろす。スキー場ベースや米沢盆地も見える。ちょっとドキドキした。最高の新雪ランができた。気分良かったっなー。。。。(笑)


Cimg28067標高1820メートルの展望台から望む、飯豊本山(2105メートル) 左側には、大日岳(2128メートル)も見える。

Cimg28138展望台から望む、スキー場ベースとバードが絶賛した、米沢市街地(米沢盆地)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

天元台スキー場 Ⅰ

#一昨日も米沢に行って、今日も行ってきた。。。。やれやれ。 山形県米沢市の天元台スキー場、まったく行く予定はなかった。 昨日、なんとなく米沢の天気予報をチェックしてしまった。夜、山沿いは雪!しかも、日中は晴れ! これは、行くしかないと思い、課題は先送りにして?急遽、朝5時に起きて行ってきました。(爆) 天候、朝方は曇りで雪、後晴れ。上部ゲレンデは、パウダースノー状態。 積雪充分、雪質まずまず。この時期としては、最高スノーボードライディングができました。 #Ⅱ、Ⅲに続く。。。。。。。 

Cimg27601標高1350メートル、朝一のスキー場ーべース「しらかばロマンリフト」乗り場。昨夜降った雪が積もっていた。。。。。。

Cimg28272スキー場上部の「つがもりロマンリフト」(全長1220メートル)。つがの原生林の中に設置されている。上部に見えるのが圧雪の「つがもりゲレンデ」、その左側には、無圧雪の新雪バーンがある。

Cimg27823「つがもりゲレンデ」下部の緩斜面。10数センチのパウダースノーが降り積もっていて、最高のパウダーランが楽しめました。満足、満足!(笑) 正面奥の山が飯豊本山、左の方に大日岳も見える。

Cimg27734スキー場トップ、「つがもりゲレンデ」滑り出し付近。圧雪されたザラメ状の雪の上にパウダースノーが降り積もっていた。 斜度32度、思いっきりスピード系カービングランができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

山形県米沢市の桜

天元台スキー場(山形県米沢市)に行く予定でしたが、雨のためキャンセル。 早めに起きてしまったし、さてどうするか?と思いつつ、結局、別にすることもないので、雨の中、米沢の桜を見に行ってきました。(笑)  米沢城址公園(松が岬公園)の桜は、ほぼ満開でした。 雨に濡れた満開の桜も風情があって良かったです。(笑) #泣く子と、地頭と、天候には勝てませんね。(笑) #昼飯には、米沢牛を食って、あと、温泉に入って、帰ってきました。まあ、こんなもんでしょう!(爆)

Cimg27481城を囲むお堀の周りには、約200本の桜が植えられていて、桜の名所としても有名である。 雨に濡れた桜も見事でした。 同じ城下町ということもあり、米沢は弘前によく似ている。。。。。

Cimg27152上杉鷹山の像。破綻寸前の米沢藩を立て直した、超クレバーな人物ですね。ケネディ大統領が、来日した時、日本の記者から「日本人で一番尊敬する人物は誰ですか?」と質問されたとき、即座に「上杉鷹山」と答えたことで、超有名人になりまし。

Cimg27503伊達氏や上杉氏の居城であった米沢城には、上杉謙信を祀っている上杉神社があり、彼の遺品等は、保存・展示している「稽照殿」で見ることができる。

Cimg27464旧上杉伯爵邸。 お堀沿いにあり、今は、「上杉記念館」になっている。ここの庭園は見事! 


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月20日 (金)

夏油高原スキー場 Ⅲ

岩手県北上市和賀町にある夏油高原スキー場。 「ゲトー」。。。なんとも聞き慣れない奇妙な地名ですね。(笑) ちなみに、この地名は、旧和賀町(現北上市)出身の東北大名誉教授 高橋富雄先生によりますと、アイヌ語の「グットオ」(崖のあるところ)からきているとのこと。あと、安比スキー場の「安比」もアイヌ語の火を意味する「アピ」に由来するとのこと。  今回、「1時間くらいスキーもするぞー!」との意気込みで、一応スキー一式も持って行ったのですが、やっぱり、結局、ボードオンリーになってしまいました。(笑)

Cimg26631第一ゴンドラ山頂駅近くにある展望台。 270度くらいの展望が得られます。しかし、残念ながら鳥海山は まったく見えませんでした。岩手山も、雲の中に幽かにみえる程度。ほかは、まあまあでしたね。(笑)

Cimg26332展望台から和賀岳方面を望む。 湯田ダム(錦秋湖)も見えます。

Cimg26653ちょっと、霞んでいましたが、早池峰山(1917メートル)もなんとか見えました。

Cimg26824帰りには、夏油高原温泉郷のなかの美人の湯として有名な瀬美温泉に入って、ゆっくりしてきました。夏油川の渓流沿いにある露天風呂は、最高でした。 100パーセント癒されましたね。(笑) #リフト券を呈示すると100円引きになります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

夏油高原スキー場 Ⅱ

仙台から約1時間50分の距離。けっこう近い。山頂付近で2メートル以上、山麓で1メートル以上の積雪。ベースが640メートル、トップが1070メートルのスキー場とは思えないほどの積雪量。 さらに、山頂付近からの展望は素晴らしく、快晴であれば、鳥海山、真昼岳、和賀岳、秋田駒ケ岳、岩手山、早池峰山等、が見渡せる。  さて、今回は、A-1コースを中心に、ほとんど休みもとらないで、ボードでガンガン滑ってきました。 でも、雪が絞まっていて、けっこう軽かったため腰への負担がかなり少なく、痛みもほとんどありませんでしたね!(笑) #Ⅲへと続く。。。
 
Cimg26511山頂のA-6コース中間部から、第二コンドラ山頂駅を望む。左に見える山は「兎森山」(1054メートル)。 昨夜の雪が一面に積もり、まるでハイシーズンか?と思わせるような風景が広がっていた。。。。。

Cimg26482A-6コースから見る「秋田駒ケ岳」(1637メートル)。 う~~む、秀麗ですねー。。。(笑) ここは、最高のパノラマポイント。 A-6コースは、山頂の尾根沿いのコースで、第一コンドラと第二ゴンドラの連絡通路になっている。

Cimg26543B-2コース滑り出し付近。 1400メートルと、距離は短いが、中斜面~急斜面(無圧雪)~緩斜面と続くバーンで、変化にとんだ面白いコースとなっている。

Cimg26144ゴンドラ内にて。 「ドコモのFOMAは夏油全域で使える」 との広告が。。。。ちなみに、私のauも完璧に使えました。使えないのは、ソフトバンクらしい。。。。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

夏油高原スキー場 Ⅰ

今日、4~5年ぶりに夏油高原スキー場に行ってきました。 今年、雪不足に泣かされたスキー場が目立つ中、ハイシーズンには、4メートル前後の積雪を誇り、暖冬などどこ吹く風の夏油高原スキー場です。(笑) 4月のこの時期でも、山頂付近は、2メートル以上の積雪量でした。すごすぎ!! 天候、晴れ時々曇り、気温低め、無風、春スキーの午前券(2700円)を買い8時30分から13時過ぎまで、天候にも恵まれ、最高のスノーボードランを楽しんできました。満足!満足! #Ⅱ、Ⅲへと続く。。。。。。

Cimg26091朝一の夏油高原スキー場。 早朝は、曇っていましたが、急速に晴れてきて、11時頃には、いつもの春スキー状態になってしまいましたね!(笑)

Cimg26262第一ゴンドラよりスキーセンター方面を望む。 運行しているのは、全長1740メートルの第一ゴンドラのみ。このゴンドラ一本で、5本のコースをカバーている。

Cimg26623第一ゴンドラ山頂駅付近。 右側が、全長2120メートルのA-1コース、快適なロングライディングができます。 左側が、全長の1400メートルのA-4コース。半分未圧雪のBC風なコースで、雪が重くなる前の午前中は、かなり楽しめます。

Cimg26304A-1コース上部の中斜面。 見て下さい、この雪の量!昨日の夜にも10数センチの雪が降り積もりました。 左上に見えるのは、夏油川にかかる入畑ダムと夏油大橋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

東京物語 Ⅱ

靖国神社を参拝したあとに、明治の初めに軍事博物館としてオープンした「遊就館」を見てきました。#いろいろと問題のある博物館であるようなのですが。。。(爆)  「あの太平洋戦争は、資源の乏しい日本が禁輸で封じ込められたために戦争に追い込まれたのだ という、いわば自存自衛の戦争だった」という主張が、中国や韓国の反発を買うのでしょうねー。。。。。いやー、なんともねー。。。歴史認識はいろいろだ と言ってしまえばそれまでなんでしょうけどね。(笑) 

Cimg24333_1靖国神社拝殿。 平日だというのに参拝客で混雑していました。外国人の参拝客も多かった。。。。。これにはびっくり!(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg24374_1「遊就館」内、特攻隊コーナー付近。祀られている神様たち。(笑) このコーナーには、特攻で死んでいった若者たちが両親などに残した手紙なども多く展示されていました。涙なくしては見れませんでした。切ないでいすねー。。。。特に年頃の子を持つ親は、涙があふれてくるでしょう。みんな、ハンカチを手にして見ていました。------

Cimg24394_11階にある大展示室。 ここには、ゼロ戦、人間魚雷「回天」、ロケット特攻機「桜花」、戦車 等々が展示されています。 ここ「遊就館」では、中国系、韓国系の若者グループの見学者も多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

東京物語 Ⅰ

#仙台は春爛漫。 やっと仙台の桜も満開になりました。

3月下旬に所用があり、東京の八王子・多摩方面に行ってきました。暖かく晴れていて、桜は五分咲き程度(今は散りましたが)で、半袖姿の女性もちらほらと。。。。。仙台とは全然違いますねー。。。(笑) 時間がとれたので、帰りには、花見を兼ねて靖国神社を参拝してきました。

Cimg24151多摩センター付近から見る雪に覆われた富士山。一度は登ってってみたい山ですねー。。。 でも、まあ、二度三度と登る山でもない というのも真実です!(爆)-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg24252靖国神社の参道。 千代田区の桜祭りで賑わっていました。出店の数がすごかったなー。。。。正面に見える塔のようなオブジェは、近代日本陸軍の創設者で靖国神社創建に尽力した大村益次郎の銅像です。----------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg24316東京に春を告げる靖国の桜。約800本の桜は、靖国神社のシンボルです。毎年、気象庁は、ここ靖国神社のソメイヨシノを調べて、東京の桜の開花宣言をしているとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

黒伏山高原スノーパークJANGLEJUNGLE

昨日、山形県東根市にある、スノーパークジャングルジャングルに行ってきました。天候、曇り、午後から小雪、積雪充分、雪質、柔らかめ、春スキー料金の4時間券(2000円)を買い9時過ぎから13時過ぎまで滑ってきました。 ボーダー・スキーヤーともに少なく、一番外側のE-2コース(2000メートル弱)を中心に、スピード・カービング系のライディングができました。満足、満足!!(笑) 休憩もそこそこそこに滑り続けたので、太ももと腰がパンパンです。 「なんかヤバクなりそうだべ!」っていう感じがな!(爆)
#今回は、デジカメを置き忘れて行ってしまったので、携帯で撮った写真になっています。

Kc3800011_1ジャングルプラザ。黒伏山の山頂は厚い雲に覆われていた。-.....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................Kc3800063_3ニューボードも けっこう板に付いてきたべ!(爆)  最近は、スキーとボードの両方をやる人がけっこう増えてきた。そこで、アルペンやノルディックスキーのコンバインド(複合競技)みたいに、スキーとスノーボードのコンバインドもできないかなーっと思っている、今日この頃です。まあ、スキーの大回転とスノーボードの大回転の合計タイムを競うみたいな感じかなー。。。(笑)
Kc3800112
上級者コースの「E-2」。 SBX(スノーボードクロス)っぽいコースになっていて、ウエーブや小さいキッカー等もあり、滑って楽しいバーンである。カービングランに飽きたら、ここで滑ると良いでしょう。。。。!!(笑)-................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
Kc3800094イーストエクスプレス。 全長約1300メートルの高速クワットリフトで、いっきに標高1030メートルの最高地点に運んでくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »