« 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅰ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場Ⅰ »

2006年12月20日 (水)

宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅱ

天候、晴れ時々曇り、ほとんど風無し、気温、低め、この時期しとしては、最高の天気でした。久ぶりのボード、滑り初めの1~3本は、バックサイドのターンが、ぎこちなく変な感じでした。体の傾けと角づけの度合いがうまくいかなく、なんかズレてしまう感じでしたね。 まあ、習うより慣れろ!!。。。数をこなして滑っていると、なんか本来の快感ターンができるようになりました!でも、急斜面は厳しいです。歳のせいかなんか怖い!(爆) あとみゲレンデAコースの急斜面を滑ったは、たったの2回のみ!!ほとんど、すみかわゲレンデの緩斜面を滑ってきました。このコース、ボードの練習には最高ですよ!(笑)

Cimg1885ボードは、左右非対称のネイチャー・スポーツ。スキーとは使う筋肉が違う。シンプルで浮遊的、爽快であるが、筋肉痛と悲傷のスポーツでもある!!(笑)

Cimg1887朝一の すみかわゲレンデBコース。平均斜度約10度の幅広いバーンが続く。。。。。

Cimg1907えぼしや白石スキー場の帰りによく利用していた遠刈田温泉の共同浴場が、「神の湯」としてリニューアル・オープンしました。料金は変わらず、300円。石鹸・シャンプー無し。(石鹸は50円で売っています) 湯っくりとつかって筋肉痛を癒してきました。。。木の香りが心地よかったなー。。。(笑)

|

« 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅰ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場Ⅰ »

コメント

Q太郎さん、こんばんは。
津軽は、雪ですか。。。
こちらは、2日くらい寒くて雪がちらつきましたが、
まったく長続きしませんね。
今日もそんなに寒くなく、明日は、雨が降るとか。。。(涙)

BC用のボードというと、フリーライド系ですね、
私も欲しいんですけどねー、なかなか。。。
安物のフリースタイル系ボードだとイマイチでねー。。。(笑) 
#目指せ「山ボ」!!

それでは。

投稿: TF | 2006年12月25日 (月) 21:38

最近はボードとスキー両方持ってスキー場へ行く方がチラホラ・・・
特にBC用のボードだと目立ちますよ!
昨シーズンはボードの仲間と何度もBCへ行きましたが、彼らの浮力には脱帽です。
滑走→歩行→滑走へのスイッチに時間が掛かるのが難点ですが。

全国的に雪不足の話題ですが、いま現在の津軽はかさばりそうな雪がモサモサ降っています。
こんな雪が2~3日続いてくれたら標高の低いスキー場もオープンすることでしょう。

投稿: Q太郎 | 2006年12月24日 (日) 05:03

SEIさん、こんばんは。どうもです。
#名前はどちらでもいいですよ。。。

SEIさんのHPは、ちょくちょく拝見していました。
エネルギッシュにアクティブに登山をされていて、
なんとも羨ましい限りですね。私より、かなり若いです!!(笑)

昔は、ボードを敬遠していました。胡散臭く思っていて、
スキーヤーにとって、まったく邪魔だなーと感じていました。(笑)

でも「食わず嫌い」というか、実際やってみると結構面白い!!
新鮮な感覚がよみがえりましたね。

こちらこそ、よろしくです。
それでは。

投稿: TF | 2006年12月21日 (木) 21:11

f(フルネームでも良かったのかな?)さん初めましてSEIです

スキー場情報ありがとうございます
すみかわスキー場は良いところですね
刈田岳のスキーツアーでは毎年くらい利用させて頂いています
湯殿山スキー場はまだ行ったことがないので今度計画に入れさせて頂きます

20年前の写真も拝見いたしました
ボードを楽しんでると言うことは若さの証ですね・・・(笑)
これからもよろしく  m(_ _)m
ではでは・・・・SEI

投稿: SEI | 2006年12月21日 (木) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅱ:

» スノボーでかっこよくキメる [スノボーウェア激安通販ショップ]
1998年の長野冬季オリンピックより、アルペンスタイルのパラレル大回転、フリースタイルのハーフパイプが正式種目となりました。今や大人気のスノボーですが、普及当初は事故も多く、スキーヤーからはとても嫌がられる存在でした。 スノーボーダーの意識も高まり、徐々に認められてはきましたが、いまだに滑走禁止のゲレンデは多いです。我々ボーダーはさらに意識を高め、マナーと節度を守り、スノボー[続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 06:50

« 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅰ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場Ⅰ »