« 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) | トップページ | 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅱ »

2006年12月20日 (水)

宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅰ

昨日行ってきました。宮城県内のスキー場のほとんどがクローズ状態の中、唯一ここだけが全面滑走可能です。でも、積雪は、25センチ~30センチとかなり少ない状態です。下の、と言っても標高1000メートル超ですが、すみかわゲレンデは、ブッシュや地肌の見えてるところもありました。 4時間券で、朝から約3時間強スノーボーディングを楽しんできました。 今回はボードのみ、スキーはなしです!持って行きませんでした。(笑)

Cimg1884朝一の「すみかわゲレンデ」第一リフト付近。 後方に見える山は、後烏帽子岳。

Cimg1901一番奥にある「あとみゲレンデAコース」。最大斜度32度、距離650メートルの上級者向けコース。広く見通しのよい一枚バーンである。かっ飛び系ボーダーグループがビュンビュン飛ばしていました。(笑) 

Cimg1893一番奥にあるすみかわ第三リフトを降りた付近。ほとんどパウダースノーでした。 ここから、左手に少し行った所にある「あとみゲレンデBコース」は、オフピステの新雪深雪コースとなっている。

Cimg1897標高1300メートルの「あとみゲレンデAコース」滑り出し付近。いきなり32度の急斜面が展開します。 スキーならかっ飛び系でガンガン行きたいところなんですが、ボードでは、そうはいきません。ちょっとビビリました。(爆)バックサイドの木の葉落としや斜滑降で降りてきました。急斜面でのスムーズなターンは、まだ無理ですね。(笑)

|

« 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) | トップページ | 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅰ:

« 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) | トップページ | 宮城蔵王すみかわスノーパーク Ⅱ »