« 鳴り砂の浜 | トップページ | 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) »

2006年12月13日 (水)

湯殿山スキー場 Ⅰ(1回目)

仙台から山形道を利用して約2時間、山形県鶴岡市田麦俣(旧 朝日村田麦俣)にあるオール天然雪のスキー場です。 月山の西側山麓に展開し、規模は小さいですが、ハイシーズンには4メートルを越す豊富な積雪量が魅力のスキー場。晴れていれば日本海や月山、朝日連峰等を望むことができます。 残念ながら今回は、終日厚く重い雲に覆われていて、午後には、小雨が降り続くあいにくの天候。。。。。。#まあ、暖かく風がなかったのが幸いでしたが。。。(笑) #Ⅱに続く。。。。

Cimg1837正面ゲレンデ下部からベース付近を望む。ヒュッテやレストランが見える。 日中なのに薄暗く、ほとんどモノクロームの世界でした。(笑)

Cimg1872ロマンスリーゼンコース(約1000メートル)上部付近。 このコース上部は、月山スキー場を思わせる広い斜面が広がっていて気分良く滑ることができる。 中間部からは、大小のウェーブと急な斜面変化が連続していて、ボーダーやアクティブなスキーヤーにとって魅力的なコースになっている。

Cimg1861第一ロマンリフトで行く正面ゲレンデ(約1000メートル)滑り出し付近。 綺麗に圧雪されている平均斜度15度のコースで、初中級者向け。ハンズフリースキーヤーにはお奨め!!

Cimg1852第一ロマンペアリフト乗り場。湯殿山スキー場のマスコットキャラクター「ユドンとチビユドン」が見える。(笑) 

|

« 鳴り砂の浜 | トップページ | 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯殿山スキー場 Ⅰ(1回目):

« 鳴り砂の浜 | トップページ | 湯殿山スキー場 Ⅱ(1回目) »