« 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅱ | トップページ | 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅳ »

2006年11月23日 (木)

奥松島(宮戸島)を歩く Ⅲ

縄文の昔から多くの人々が住み、当時から景観もほとんど変わっていないとされる奥松島。なかなか魅力的な島です。 なかでも室浜は、個人的に思い入れの深い所です。かなりのお気に入り!!釣り場としても最高、ずいぶん通いました。大昔、海水浴をしながら釣りをしたり、貝等を採ったりと、いわゆる「サバイバル・バーベキュー」なるものもしたことがあります。(笑) この地図を見て下さい。今回歩いたコースは、こんな感じです。 #続く。。。。。

Cimg1652嵯峨見台からの下り。落葉の絨毯の快適な林道が室浜まで続く。。。。。 

Cimg1661室浜の集落。風が強かった。。。浜の集落特有の迷路のように入り組んだ細い道を進んで行くと、唐船番所跡へと向かう登りが始まる。。。。。 

Cimg1664唐船番所へ続く林道を登った所から見る室浜漁港。うねりが強い海でしたが、数人のガッツな釣り人がいましたね。(笑) 後方に見えるのは石巻の街並み。。。。

Cimg1671唐船番所跡。仙台藩が外国船を監視するために設置した番所で、室浜からしばらく登った嵯峨渓中間付近の高台にあります。当然ですが、ここは、最高のビューポイントになっている!(笑)

|

« 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅱ | トップページ | 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅳ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅲ:

« 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅱ | トップページ | 奥松島(宮戸島)を歩く Ⅳ »