« 朝日連峰・祝瓶山登山 Ⅲ | トップページ | 鳴子峡~出羽街道中山越(おくのほそ道)を歩く Ⅰ »

2006年10月20日 (金)

朝日連峰・祝瓶山登山 Ⅳ

昔は、「尖山(とがりやま)」と呼ばれていた、ユニークな名称の祝瓶山。 今回、出会った登山者は、たったの2名。山頂での30分間は、完全貸切状態でした。平日だったこと、交通の便が悪いこと、所謂200名山にも入っていないこと(300名山には入っているらしい)等、いろいろ理由があるのでしょうが。。。。。。それにしても、登山者の少ない山 という印象でした。 しかし、このことは、ある意味、山にとっては、非常に良いことかもしれませんね。

Cimg1124ヤセ尾根の登山道から見る(左側)、コカクナラ沢源頭付近の紅葉。#ある意味、この周回コースは紅葉探勝のベストコースかも。。。。。。

Cimg1198山頂直下から見た、西側斜面の紅葉。陽光に照らされてコントラストが鮮やかです。

Cimg1203下山時、縦走路左側の沢を望む。ちょっと影になっていますが。。。。。3色のバランスも絶妙で、このあたりの紅葉も見事でした。

Cimg1213下山時、急斜面の赤鼻尾根を下りきったあたりに広がるブナの美林。祝瓶山山麓の野川流域には、広大なブナの原生林、美林があり、人の手を一切加えてはならない保全地区に指定されているようです。

|

« 朝日連峰・祝瓶山登山 Ⅲ | トップページ | 鳴子峡~出羽街道中山越(おくのほそ道)を歩く Ⅰ »

コメント

シンさん、こんばんは。

参考にしていただき、ありがとうこざいます。
山頂の展望は残念でしたが、なんとか、大朝日岳を
見られて良かったですね。
私も、マルゴさんとこの、クマさんの投稿・写真等に
触発されて登ってみようと思ったのでした。。。。

そうそう、マルゴさんとこの、大朝日岳登山の投稿等は
読みましたよ。私も、今年初めて大朝日岳に登りました!
山頂からの展望は、まったくダメでしたが。。。(笑)

それでは。

投稿: TF | 2006年10月21日 (土) 22:36

TFさん こんばんは。
マルゴさんのところにお邪魔しているシンと申します。

TFさんのレポを参考に今日(20日)祝瓶に行ってきました。
長い急登にうんざりしかけた頃、やっと山頂に着きましたが
あ~!!なんと視界ゼロ。おまけに風が強く寒いこと。
おにぎりをひとつ食べて早々と周回コースを降り始めました。
それでも赤鼻尾根に向かう途中では期待していた大朝日岳も顔を
見せてくれ朝日連峰の山並みを満喫してきました。


投稿: シン | 2006年10月21日 (土) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日連峰・祝瓶山登山 Ⅳ:

« 朝日連峰・祝瓶山登山 Ⅲ | トップページ | 鳴子峡~出羽街道中山越(おくのほそ道)を歩く Ⅰ »