« 重茂半島 トドヶ崎トレッキング Ⅱ | トップページ | 栗駒山トレッキング Ⅰ »

2006年9月18日 (月)

重茂半島 トドヶ崎トレッキング Ⅲ

トドヶ崎は、重茂半島の東端に位置する岬で、東経142度4分35秒という本州最東端にあたります。ここから望む太平洋は果てしなく、弧を描いて横たわり、地球が丸いことを実感でます。ここから昇る朝日は、豪快ですばらしいでしょうねー。。。。。このあたり一帯は、背後にそびえるトド山(465メートル)が海に落ち込む所にあたり、段丘上の海食断崖が広がっています。灯台下あたりには、大洞窟(海食洞窟)があり、小船で30メートル近く入れるそうですね。すごい!!

Cimg0821本州最東端の碑。なにもない岬の広い岩場にポツンとありました。背後には、遮るもののない広大な太平洋が広がっています。缶コーヒーとか飲みながら、しばしボッーとして海を眺めていましたね。(笑)

Cimg0825本州最東端の碑あたりから見る、トドヶ崎灯台。この灯台は、映画「喜びも悲しみも幾歳月」の原作者が実際に7年間過ごした所としてけっこう有名です。

Cimg0835トドヶ崎から船越半島を望む。右の山は、半島最高峰の霞露ヶ岳(かろがだけ、504メートル)、左側の海に落ち込む絶壁は、赤平金剛の北側です。

Cimg0830トドヶ崎先端まで行き海を覗き込んでみました。すごい迫力!吸い込まれそうな感じでしたね。(笑)

|

« 重茂半島 トドヶ崎トレッキング Ⅱ | トップページ | 栗駒山トレッキング Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重茂半島 トドヶ崎トレッキング Ⅲ:

« 重茂半島 トドヶ崎トレッキング Ⅱ | トップページ | 栗駒山トレッキング Ⅰ »