« 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅠ | トップページ | 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅢ »

2006年8月 3日 (木)

大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅡ

東北地方の名山のほとんどすべては、かなり古い時代から神道的信仰の対象として、また、修験道・仏教の「道場」として仰がれ、登られてきました。しかし、この朝日連峰だけは、宗教色のほとんど無い山として注目されているとのこと。一部に神社はありますが、広大な山塊・主稜には、古い時代の祠も一枚の古銭も発見されず、宗教的遺跡も見当たらないとのこと。すぐ近くに、古くから信仰登山で栄えた飯豊連峰があるのに不思議ですね。なにか理由があったのでしょうか?かなり珍しいと思います。 #Ⅲへと続く。。。。。

Cimg0274小朝日岳を越えてからの稜線から見るY字雪渓。大朝日岳山頂直下付近、朝日川上流、黒俣沢とガンガラ沢にかかる雪渓です。沢というよりほとんど岩壁です。(笑) ガスのため大朝日岳は見えませんでした。

Cimg0278小朝日岳裏側、の谷を埋める雪渓。小朝日岳の裏側は、大岩壁になっていて、一気に谷に切れ込んでいます。大迫力!  #山を取り巻く谷や渓谷は、ホント深いですね。

Cimg0230同じく、山腹を深くえぐる谷。容易に人を近づけない雄大な山塊・山脈であることを実感できます。

Cimg0233名水「銀玉水」付近の岩場に咲く、高山植物。名前はわかりませんです!(爆)

|

« 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅠ | トップページ | 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅢ »

コメント

Q太郎さん、どうもでした。
40代後半のおじさんにしては、早いですか
ねー。。。。30代の体力か!?(爆)

実は、こんど(少し涼しくなってから)
飯豊本山(2105メートル)の日帰りピストンを
計画しています。

でも、多分、途中で引き返すかも。。。。(笑)

投稿: TF | 2006年8月 4日 (金) 22:18

改めて聞くのも癪ですが・・・年齢に偽りないですか?
『大朝日岳』は去年の秋山で行きました。
1泊2日での下りコース、大朝日避難小屋~日暮沢小屋へもかなりキツカッタはず^^;
いかに軽身とは言え、11時間でピストンは早すぎますねぇ~

PS 勝手ではありますが「てんてん虫」の『お勧めサイト』に貼り付けちゃいました。
お断りの際は連絡ください!

投稿: Q太郎 | 2006年8月 4日 (金) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅡ:

« 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅠ | トップページ | 大朝日岳登山 古寺鉱泉コースⅢ »