« 鳥海山(七高山)登山 Ⅲ | トップページ | 会津駒ケ岳登山 Ⅰ »

2006年8月20日 (日)

鳥海山 新山と七高山

鳥海山新山は、享和元年(1801年)の大噴火で誕生しました。 享和元年は、将軍家斉(いえなり)の時代で、ちょうどこの年のあたり伊能忠敬が、出羽や羽後あたりを測量していました。噴火は、3月から始まり、10月頃まで続いたとのこと。 特に、8月の噴火は最も激烈ですさまじく、七高山と荒神岳の間に大量の溶岩と火山岩塊を降り積もらせ、新山(享和岳)という最高峰を誕生させたのでした。さらに、この大噴火で、参詣登山者8人が噴出した大石に打たれて犠牲になったとのこと。。。。。。最近では、昭和49年3月、山頂付近で小規模な噴火が始まり、約1年半くらい登山規制が実施されましたね。

Cimg0441七高山山頂から見る新山と日本海。大噴火のすさまじさが伝わってくるようです。。。。。

Cimg0437新山アップ。山頂は、かなり混んでいるようでした。見てるとひっきりなしに登山者が押しかけていましたね。 七高山もかなり混んでいましたが。。。。。(笑)

Cimg0431_edited七高山山頂を望む。外輪山のピークが山頂になっています。

Cimg0412七高山山頂。信仰と歴史を感じます。。。。。

|

« 鳥海山(七高山)登山 Ⅲ | トップページ | 会津駒ケ岳登山 Ⅰ »

コメント

K-Kさん 始めまして どうもです。
早朝ですと、仙台から登山口まで、3時間15分~3時間30分で行くことができます。百宅口だったら3時間弱くらいで行けますね。
コースは、東北自動車道で泉ICから古川ICまで、岩出山→鳴子→鬼首(仙秋ライン)→湯沢市雄勝→鳥海町(現由利本荘市)→矢島町(現由利本荘市)と、鳴子からは、108号線を道なりに走れはいいです。鳴子からは、信号もほとんどない道が続きますので、快適に走れますよ。(笑)
それでは。

投稿: TF | 2006年8月25日 (金) 22:05

こんにちは。始めまして私も仙台に住んでいるものです。今度鳥海山の百宅口か矢島口から登ろうと思いますが、仙台から登山口までどの位の時間がかかりましたか?出来ればコースも教えて下さい。宜しくお願いします。

投稿: K-K | 2006年8月25日 (金) 14:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山 新山と七高山:

» クジラに救われた少年…ベトナムで奇跡 [いか]
クジラが「聖なる魚」と崇拝されるベトナム沿岸部で、船の転覆事故に遭った少年が「クジラに救われた」と告白、地元紙が報道する騒ぎになっている。中部ダナンに近い、ク [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 08:49

« 鳥海山(七高山)登山 Ⅲ | トップページ | 会津駒ケ岳登山 Ⅰ »