« 八甲田連峰トレッキングⅡ | トップページ | 岩木山登山Ⅰ »

2006年7月27日 (木)

八甲田連峰トレッキングⅢ

八甲田とは、甲状の頂きを持つ八つの峰があることと湿原・草原に散らばる池塘が田んぼに見えることから名づけられた名称とのこと。八甲田連峰は、北と南に分かれていますが、普通八甲田といえば北八甲田連峰を指すようです。ちなみに、新田次郎の小説で有名な「雪中行軍遭難」の舞台も北八甲田連峰です。 まあ、何はともれ、八甲田連峰は、木道や階段が完璧に整備されて非常に歩きやすかったですね。(笑)

Cimg0143
八甲田大岳からの下山道、ガレ場の急斜面ですが、階段が付けられています。下の方に鏡沼が見えますね。
Cimg0146八甲田大岳山頂直下にある鏡沼、爆裂火口に水がたまったもので、モリアオガエルやクロサンショウウオが生息しているとのこと。

Cimg0153仙人岱から望む八甲田大岳

Cimg0159地獄湯ノ沢、このあたり一帯からは硫化水素ガスが噴出しているとのこと。上の方に、酸ヶ湯温泉の屋根がみえますね。

|

« 八甲田連峰トレッキングⅡ | トップページ | 岩木山登山Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田連峰トレッキングⅢ:

« 八甲田連峰トレッキングⅡ | トップページ | 岩木山登山Ⅰ »