’17~’18 スキー・スノーボード

2018年5月16日 (水)

月山スキー場 (山形県西川町)

「都会に夏を感じたら月山スキー場!」 ということで、月山スキー場に行ってきました。
今日の山形の気温は、なんと31度! 月山は、終日風もなく穏やかに晴れ上がり、暑いくらいの陽気。
雪質もまずまずで気分爽快、快適なスノーボードができました。   
午前券を購入して、9:00~12:30分頃まで滑ってきました。 帰りには、いつものように「道の駅 にしかわ」 の温泉 (水沢温泉) により疲れを癒し、ビール好きのかみさんのために「月山地ビール」を買ってきました。(笑)

Img_27867リフト上駅付近。
見た感じ、70才前後の団塊の世代スキーヤーの団体さんが多く来ていました。関西方面が来たのでしょう。関西弁で賑やかでした。
10時過ぎ頃になると、平日なのにリフト待ちができるほど混雑してきました。やれやれ。 
月山スキー場を支えているのは、団塊の世代のジィジ、バァバ スキーヤーです。(笑) みなさん元気です。アクティブです。わたくしよりも遥かに元気です。

Img_27897大斜面を望む。
団塊の世代スキーヤーの人たちは、ほとんどが 「コブフリーク」 でした。コブ斜面をリズミカルにゆっくりと滑っていました。-------------------------------------------------------------------------------------------

Img_28057ハイクアップ途中、朝日連峰を望む。
リフト待ちが発生してきて滑走コースも混雑してきたので、早々にスキー場から撤収することにしました。ラストは姥ヶ岳山頂から駐車場まで滑るぞー と思い、ボードを背負ってハイクアップ開始!2時間くらい滑った後のハイクは、かなり疲れましたが、姥ヶ岳山頂からは磐梯朝日国立公園の雄大で素晴らしい景観を眺めることができ、疲れが吹き飛びました。大大満足です。(笑)

Img_27987ハイクアップ中の若いスノーボーダーのカップル。
下の方からずごい速さで登ってきて、あっという間に追い越されてしまいました。やれやれ。(笑)
女性の方は、ボードをショルダーバッグ風に肩に掛けて登っていました。専用のストラップ・備品みたいなものがあるのでしょうか?面白いと思いました。

Img_28107姥ヶ岳(1670メートル)山頂から月山を望む。  
山頂には、スキーヤー、スノーボーダー10人くらいがたたずんでいました。 先ほどのスノーボーダーに聞いたら、これから稜線沿いに牛首あたりまで行くとのこと。 わたくしも行こうかな?思いましたが、体力が消耗していたので止めました。(笑)-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_28237ちょっと休憩!(笑) かなり滑ってきました。はるか下の方に駐車場が見えます。  
一気に滑るのは、もったいなかったので、途中2回くらい休みを入れながら、雄大な景観を楽しみながら滑ってきました。 山頂から稜線に沿っては、ほとんどトレースのない、広大な中斜面が展開しています。ザラメ状の雪なので滑りは最高でした。スピードアップ!ロングターンの爽快なランです。思わず声が出てしまいました。(笑)
快適なロングクルージングを楽しんできました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

栗駒山 (宮城県栗原市)

山形の月山スキー場に行く予定でしたが、ゴールデンウィーク中でもあり、月山は殺人的な混雑になりそうなので急遽予定を変更して栗駒山に行ってきました。 栗駒山は、ほぼ快晴で風もほとんどなくボードを背負って登っていると汗ばむほどの陽気でした。 ボードを背負ってのハイクは、疲労度マックスでしたが、最高のトレッキング&スノーボードができました。大満足です。 帰りは、ハイルザーム栗駒の温泉に入って のんびりと疲れを癒してきました。  
イワカガミ平駐車場(9:00発)→新湯沢沿いに進む→栗駒山山頂(11:00着)  山頂(11:50発)→新湯沢沿い→イワカガミ平の駐車場(12:20着)

Img_27587新湯沢は、こんな感じでした。
七割がた車で埋まったイワカガミ平の駐車場を後にして、新湯沢沿いの雪渓を黙々と進む。心地良い汗が滴り落ちる。雑念が徐々に消えていき雪山に浸透する。--------------------------------------

Img_27357山頂が見えてきた!
前を行く父娘の登山者&スキーヤー。 微笑ましい光景です。お父さんが娘さんのスキーを背負って登っていました。 娘さんのスキースキルには驚きました。登山者の足跡でボコボコガタガタになった斜面も難なくスムーズに滑っていました。すごいです。

Img_27407山頂はもうすぐだ!
山頂では、水をたっぷり飲んで、おにぎりを食って、のんびりして、体力の回復を待つこと50分!その後、山頂直下から南東斜面にドロップ!落とし過ぎないように、トラバース気味に滑って広大な斜面にでる。 登山者の足跡でボコボコガタガタになった斜面を避けて、柔かいザラメ状態の斜面を爽快に滑る。いやー、最高でした。ストレスなく爽快なランができました。
山頂からイワカガミ平の駐車場までは、谷側に落としすぎないように滑ると一気に滑ることができます。多少ヤブ状態のとこもありますが、ショートターンでクイックに滑れば、なんとかボードを外さなくてすみます。 だだ、一気に滑るのは、あまりにももったいないので、途中休憩を入れながらのんびりと滑ってきました。(笑)

Img_27317岩手県一関市から来た父娘の登山者&スキーヤー。---------------------------------------------------------------------------------

Img_27527山頂から岩手県側の焼石連峰を望む。-------------------------------------------------------------------------------------

Img_27557山頂にて。  
もうハイクは終了、あとは至福のラン待っているだけ・・・・・・
今回は、スノーボーダーが4人、スキーが10人くらいで、ほとんどが一般登山者でした。山頂で休んでいると、ぞくぞくと多くの登山者が登ってきました。やれやれです (笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市)

昨日 (18日)、山頂で3メートル、山麓で1.8メートルという驚異的な積雪量を誇る夏油高原スキー場に行ってきました。 曇りベースで暖かく無風、時折晴れ間ものぞくという天候の中、思う存分春スノーボードを楽しんできました。いや~最高でした。(笑)  春スキーシーズン1日券を購入し、9:00時過ぎから14:00時まで滑ってきました。   
当初は、月山スキー場に行く予定でしたが、リフトの支柱に不具合が見つかり修復工事中でダメでした。リフトが動くのは今月下旬ころだとか。稼ぎ時なのに月山スキー場も不運です。

Img_24957ゴンドラの乗って雪山に浸透する。
コースは春特有の腐れ雪でしたが、コース脇の広いサイドカントリーはザラメ上の雪で快適でした。ちょっとしたツリーランもできて気分良く、爽快に滑ることができて良かったです。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_24977トップの展望台付近から望む。
その名のとおり 「山頂」 の展望台付近からエントリーするツリーランエリアの「サミット」が、まだオープンしていたので滑ってみました。 最初がいきなり急斜面でしたが、徐々に斜度が緩めで穏やかな地形になり適度な起伏もありで、快適なツリーランが楽しめました。良かったです。

Img_25027B-1コース トップ付近。圧倒的な積雪量でした。
B-1コースを滑るため、ゲレンデとは反対側に展開する大パノラマを観賞しながら、第2ゴンドラ 降り口まで尾根筋のコースを進みます。 こちらのコースは、無圧雪で、ほとんど荒れていないザラメ状の雪質で滑り安かったです。爽快なライディングができました。

Img_25047B-1コース トップ付近。
この辺りで、約3メートルの積雪です。すご過ぎます。(笑)--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_25077とりあえずノンアルビールで休憩! 汗をかきましたので最高に旨いです。(笑)
帰りには、スキー場内の温泉が定休日だったので、夏油温泉郷の美人の湯 「瀬美温泉」 入って疲れを癒してきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

約3週間ぶりのスノーボードだった!  11時頃までは、薄曇で 暖かく、雪積も充分で最高のライディングができましたが、11時過ぎになると急に風が強くなり、雨が降り出してきて散々な天候になりました。予報では気圧の谷が通過中だとか・・・やれやれ。  5時間券を購入して、9時から12時過ぎまで滑ってきました。 スキーヤー、スノーボーダー合わせて20人くらいで、ほとんどプライベートゲレンデ状態でした。 
なんとスノーボーダーは、わたくしを含めてたったの5人でした。やれやれ!(笑)

Img_24717おじさんには優しい、旧式リフトで標高1820メートルのトップに浸透する。
豊富な積雪と雄大な大自然にネイチャートリップ!-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_24637つがもりゲレンデトップ(標高1820メートル)から蔵王連峰を望む。
けっこう寒い。積雪も充分過ぎる。久しぶりのライディング。いきなり32度の急斜面だ、少し緊張しながら、ワンターン、ワンターンを確実に決めながら滑る・・・急斜面を過ぎれば、爽快な中斜面になる。滑っているのは、なんと一人だけ。さえぎるものは何も無い。爽快ににスピードに乗る。聞こえるのは風切り音だけ。雑念が消えた。。。。。

Img_24787標高1300メートルのベースにて。
しらかばゲレンデとスラロームバーンは、こんな感じ。 今シーズンは、ゴールデンウィークを過ぎた5月13日(日)まで営業するという・・・・つがもりゲレンデとしゃくなげゲレンデは、問題なく滑れると思いますが、ベースのスラロームバーンは微妙ですね。

Img_24767ベースにあるペンション村。ほとんどが廃業していました。
ペンション村の下は広いテニスコートになっていて、ゴールデンウィークには午前中はスキー、スノーボードで、午後からはテニスというしゃれたことができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

泉高原スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

3月20日(火)、午前中時間が空いたので、速攻でスプリングバレースキー場に行き、4時間券を購入して 9時~12時まで滑ってきました。 風はありましたが、春の陽気で、気持ちよい汗をかくことができました。

Img_24257クワットリフトトップにて。
スプリングバレースキー場は、スポーツクラブ感覚で行くことができる仙台市民を対象とした、典型的な都市近郊型のスキー場です。--------------------------------------------------------------------

Img_24177ベースにて。
平日の午前中は、シーズン券を買っているのでしょう、70歳代のおじいちゃん、おばあちゃんスキーが多いです。20人くらいは来ていたでしょう。駐車場は、高齢運転者マークの車が多かったです。中には80歳代と思えるような方もいました。皆さんすごく元気で、高速クワットリフトに乗って繰り返し滑っていました。いや~、わたくしよりも遥かに元気ではないかと思いました。(笑)

Img_24207ベースにて。 
スキー場には、いろんな動物のオブジェが置いてありました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

星野リゾート アルツ磐梯スキー場 (福島県磐梯町)

スノーボーダーの聖地、星野リゾートアルツ磐梯スキー場に行ってきました。 朝方から晴れ間が広がり、風はありましたが暖かく、最高の春スノーボード日和でした。
アルツ磐梯スキー場は、磐梯朝日国立公園内にあり、隣には会津磐梯山がそびえ、正面には鏡のような猪苗代湖という 晴らしいロケーションが展開します。 リフトで登った尾根のさらにその向こう側の尾根、さらにその先のもっと奥の尾根までゲレンデが展開するという東北でも最大規模のスキー場です。 心行くまで、クタクタになるまで、スノーボードを堪能してきました。(笑)    
1日券を購入して、9時から14時頃まで滑ってきました。 

Img_23817アルツのメインコース、8コーストップから望む会津磐梯山。
磐梯山が素晴らしい! あまりにも天気が良く暖かかったからか、ホテルに泊まっている多くの観光客もリフトで登ってきて、素晴らしい景観を楽しんでいました。
アルツ磐梯スキー場は、スノーボーダーの聖地といわれるだけあって、スノーボーダー8強、スキーヤー2弱という感じでした。

Img_23947ブラックバレーから8コーストップ付近を望む。
この辺りは、距離の短い上級者コースがいくつかあります。   ------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_23907エリア最奥の旧猫魔ボウルⅡ付近から望む会津磐梯山と猪苗代湖。 この辺りは、磐梯山が一番近くに見える絶景ポイントしとて有名です。壮大な自然を肌で感じられるポイントでもある。
ここから、昼食休憩のため、遥か遠くのリゾートセンターに戻るのが大変でした。 戻るだけでクタクタになました。(笑)

Img_24077猪苗代湖を望む。 午後になると曇ってきて、風も出できて、寒くなってきました。  
春特有の柔らかい雪でしたが、おじさんには優しく感じられ、ハードパックされた固い雪よりは、遥かに良かったです。(笑)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

赤倉温泉スキー場 (山形県最上町)

山形県最上町の赤倉温泉スキー場に行ってきました。 気温低め、曇りベースで時折晴れてくる展開の中、「全部コミコミ満喫パック券」 を購入して9時過ぎから13時30分頃まで滑ってきました。 この券は、いいですね。リフト1日券+食事券 (800円)+コーヒー券 (300円)+赤倉温泉入浴券が付いて、55才以上のシニア券が、なん3,200円なのです。まさに超お買い得!(笑)  
帰りの温泉は、中山平温泉の 「しんとろの湯」 に入ってきたので、赤倉温泉入浴券は使いませんでした。

Lkjy7国体コース滑り出し付近。
中央コース、国体コースともに、ハードパックされた固めのバーンでした。コース脇に残された無圧雪のバーンもがりがり状態でした。そんなこんなで、国体コースの固い圧雪バーンをメインに、カービングターンを堪能・練習してきました。 固いバーンを滑ると、太腿がパンパンになり、腰も痛くなってきて、かなり足腰に負担がかります。休み休み滑らないと、おじさんにはしんどいですね。(笑)

Img_23527国体コースの最上部。 
ここがスタート地点になります。---------------------------------------------------------------------------

Img_23487ベースにて。 
最上町の隣にある新庄市から来た小学生のスキースクールが開催されていました。おかげで、あの広い中央コースがけっこう混雑していました。-------------------------------------------------------------

Img_23587赤倉温泉スキー場に行くと必ず食べるのがこれです。
ベースにある「ふるせ山小屋」の「ホットスノーラーメン」!豚骨ベースですが、あっさりしていて、もやしもたっぷり入っていて、最高に美味いです。体か温まります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

強風注意報が出ていたので、アルツ磐梯行きは止めて、地元仙台のスプリングバレースキー場に行ってきました。 強風が吹き荒れて、頻繁にリフトが止まる展開でしたが、ほんのりと暖かく、積雪はびっくするくらい豊富で、雪質もまずまずで、納得の滑りができました。良かったです。
4時間券を購入して、9時過ぎから12時30分過ぎまで滑ってきました。

Img_23127なんと、スキー場入り口には大きな 「かまくら」 がありました。 そういえば今日から秋田の横手市では、「かまくら祭り」 が始まりましたね。大雪で良かったです。(笑)

『本場秋田のかまくら職人がスプリングバレーへ遠征し横手かまくら級の大きな「かまくら」をこしらえました。そして、夜はやわらかな灯りでかまくらを演出いたします。かまくらはゲレンデ入口に造成しましたのでどなたでもご覧いただけます。ぜひ本物のかまくらを体験しにご来場ください。』 とのことでした。

Img_23167クリッパーAコース隣のクリッパーチャレンジコース。
斜度30度のバーンですが、コース幅が極端に狭く、ちょっと恐怖を感じます。 パウダーとは言い難い重い雪が降り積もった無圧雪のバーンでしたが、なんとか楽しめました。
11時頃からは、クリッパーAコースのクオーターバンクっぽいとこで、懸命にスラッシュの練習をして滑っていました。

Img_23177最奥のクレッセントシュートコース。短いですが、最大斜度36度のチャレンジコースです。 ここも重い雪が降り積もった無圧雪のバーンになっていました。 
このバーンは散々でした。後ろ足に100%加重して、ノーズを上げて滑っても、ボードの上が重いモコモコの雪でいっぱいになり、2~3回尻もちをついてしまいました。いや~難儀しましたね。1回滑れば十分です!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

吉田類じゃないですが・・・・(笑)  「スキー場という聖地へ、雪を求め、パウダーを求めさまよう・・・」 てな訳で、またまた新雪・パウダーの予感がしたので、天元台スキー場に行ってきました。またしても予感はズバリ的中! 標高1820メートルのつがもりゲレンデから下のしらかばゲレンデまで、ディープに降り積もった極上のパウダースノーが展開していた。 気温マイナス13度、風はほとんどなし、一瞬晴れ間もありましたが、終日パウダースノーが降り続く状況の中、5時間券を購入して 9時30分過ぎから13時30分頃まで滑ってきました。 気分爽快なパウダーライディングができました。

Img_22587標高1820メートルの つがもりゲレンデトップにて。
ディープに降り積もったパウダースノーが展開していた。
つがもりゲレンデは、サラサラのパウダースノーが降り積もった無圧雪のオープンバーンが展開していました。
ボートが浮き上がるような感覚!パウダーでの浮遊感・操作感はたまらなくいいです。 一度味わったら病みつきになります。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Img_22777つがもりゲレンデ滑り出し付近。
テクニカル的なことを書きますが、
圧雪バーンの上に降り積もった新雪・パウダーを滑るには、ストレッチングカビングターンができれば十分ですが、ディープなパウダーを滑るには、ちょっとしたテクニックが必要です。 基本は後ろ足荷重です。後ろ足の上に重心を置きます。ディープなパウダーを滑るときには、後ろ足に荷重し、ノーズ(板の前側)を上げるようにして滑ります。 あとは、意識的に膝を曲げ、腰を下げて低い姿勢での抱え込みターンで滑ります。これによって、パウダーによるボードの操作しづらさを緩和できます。スキーで言うところの「ベンディング」です。  
抱え込みターンができないと、ボードの操作が上手くできなくなり、後ろ足に過重しても、ノーズが雪に沈んで失速してしまいますし、最悪ノーズが雪に刺さって転倒してしまい、バックカントリーの場合、脱出できなくなります。 春まで冬眠ということになりかねません。(笑)
パウダーを滑ったあとは、右足(後ろ足)太腿がパンパンになり、想像以上に疲れます。4時間券、5時間券で十分です。(笑)

Img_22707つがもりゲレンデに向かうリフトにて。
気温マイナス13度! しんしんとパウダースノーが降り続く・・・・・・モノクロームの世界!-----------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22637中間のしらかばゲレンデ。
コースサイドには、極上のパウダースノーが降り積もっていた。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22837標高1300メートルのベースにある「アルブ天元台」
この日は、地元の小学校のスキースクールがあり、生徒さんたちで大いに賑わっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

泉高原スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

ここ数日は強い冬型の気圧配置となり、東日本の上空には猛烈な寒気が流れ込んでいます。仙台の予想最高気温は、なんと、マイナス1度!真冬日です。 う~む、これは・・・・・・と、新雪・パウダーの予感がしたので、遠出はやめて、スプリングバレースキー場に行ってきました。予感はズバリ的中! 地元スプリングバレースキー場 のゲレンデは、ヤバイくらいの新雪・パウダースノーが展開していた。!!気温かなり低めで、終日パウダースノーが降り続く展開。しびれるくらい素晴らしい新雪・パウダーライディングができました。大々満足です。(笑)
4時間券を購入して、9時過ぎから12時30分過ぎまで滑ってきました。

Img_22377高速クワットリフトにて。
グルーミングバーンの上にも分厚くパウダースノーが降り積もっていて、大胆にスラッシュしてスノースプレー 飛ばし放題でした。ほんとに気分爽快です。(笑)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22437クリッパーコーストップにて。
高速クワットリフトでトップに上がり、クリッパーBコースの無圧雪ノートラックバーンやサイドのふかふかのパウダーをたっぷり味わってきました。
また、クリッパーAコース上部のサイドに展開するクォーターバンクっぽいところのパウダーも楽しんできました。
いや~大々満足です。(笑)

Img_22287リフトにて。
20代後半から本格的にスキーを始めて、30代の頃は、毎週のようにスプリングバレー スキー場に通っていました。週に2回行くこともありました。 しかし、今はスノーボードで、年に1回しか行かないスキー場になってしまいました・・・・やれやれ(笑)

Img_22417ベースにて。
パウダースノーが延々と降り続いている。 
うかうかしているとあっという間に雪が積もってしまうので、係のおじさんも大変です。 頻繁に除雪機で除雪をしていました。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)