’15~’16 スキー・スノーボード

2016年5月26日 (木)

月山スキー場 (山形県西川町)

「都会に夏を感じたら、月山スキー場!」 ということで、昨日(5/25)に月山スキー場に行ってきました。 山形県は、ここ数日30度前後の猛暑が続いていましたが、この日は、曇りで気温は低め、暑すぎず、寒すぎずで、快適なスノーボードができました。 午前券を買って、8:30分過ぎから12:30分頃まで滑ってきました。 ラストランということで、思い残すところなく最高の滑りができました。 帰りには、いつものように「道の駅 にしかわ」 により温泉(水沢温泉)に入り、ビール好きのカミさんのために地ビールの「月山ビール」を買ってきました。(笑)  

Img_7760周りの草木は既に緑に覆われていました。リフト乗場付近も雪がかなり少ない。少ししかない。コンクリートを歩きます。やれやれ(笑)--------------------------------------------------------------------

Img_7765月山リフト上駅付近。  急速に雪融けが進んでいます。ご覧の通り、姥ヶ岳の斜面は、深い縦溝が幾重にも走り、ボコボコ、デコボコ状態でした。----------------------------------------------------------------

Img_7770月山リフト上駅付近。  この日は、コブフリークのスキーヤーが多かったです。今の時期の月山は、上級者専用のスキー場です。全国からスキーヤー、スノーボーダーのエキスパートが集まる。
月山リフト上駅から滑る谷筋の滑走コースは、月山特有の柔かく塊やすい雪でしたが、多少締まっていて爽快に滑ることができました。もちろんスキーやボードを外すことなく、繰り返し滑ることができます。ただ、コースの下の方は、ブッシュや岩が露出しているところもありますので、スピードの出し過ぎには注意しましょう。

Img_7781多くのスノーボーダーがボードを抱えて姥ヶ岳へ登っていました。
そろそろ終盤にさしかかってきました。ラストは、姥ヶ岳から滑るぞー と思い、ボードを背負って登攀開始!リフトを使って5~6本滑った後なので、かなり疲れました。姥ヶ岳山頂に着いた頃は、ヘトヘト状態でした。(笑) 

Img_7818姥ヶ岳山頂付近。朝日連峰を望む。 雪は、最悪でした。自称上級者のわたくしでも、ここから滑るのには難儀しました。(笑)------------------------------------------------------------------------

Img_7822姥ヶ岳山頂(1670メートル)から月山を望む。---------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_7829谷筋の滑走コースを望む。 姥ヶ岳山頂からボコボコ、デコボコの斜面を滑ってくると、かなり足腰に負担がかかります。そこで一休み!(笑) いい眺めです。(笑) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

笙ヶ岳三峰 〔鳥海山域〕・(山形県遊佐町)

「しょうがたけ」と読みます。 鳥海ブルーラインの秋田県側から笙ヶ岳三峰(1665メートル)に登って、山頂からスノーボードで滑ってきました。ピーカンの天気となり、最高のスノーボード&トレッキングができました。大満足です。 登り口から山頂までのハイク中、ほんの数メートルですが、1ヶ所だけヤブこぎ(笹ヤブ)状態のところがあります。でも目印のピンクリボンがありますので迷うことはありません。  
山頂にいた地元の山スキーヤーの方が話してしましたが、今年は、例年より3週間~1ヶ月くらい早いペースで雪融けが進んでいるそうです。やれやれ。 
駐車帯の登り口(8:50発)→見晴らし台→笙ヶ岳三峰山頂(11:30着)  山頂(12:00発)→見晴らし台→駐車帯(12:30着)  帰りには、吹浦の鳥海温泉郷「遊楽里」に寄って疲れを癒してきました。

Img_7687登り口付近にて。日本海が素晴らしい!  鳥海ブルーラインの国民宿舎大平山荘を過ぎて県境を超え、秋田県側に少しは入った所に駐車帯があり、ここが山スキーヤー、山スノーボーダーの登り口になっています。平日にもかかわらず着いた頃には、すでに10台くらいの車が停まっていました。下りてきたころには、20台くらいの車がありました。大人気です。土日には車が道路にもあふれるでしょうね!(笑)

Img_7704笙ヶ岳三峰が近づいてきました。 南東斜面はほとんど雪がないようです。---------------------------------------------------------------------------------------------

Img_7717鳥海山が見えてきました。 数少ない一般登山者のおじさん。 
この日、連休明けの平日にもかかわらず、鳥海山方面に行く人も含めて、20人くらいの人が登っていました。ほとんどが山スキーヤーで、山スノーボーダーは三人、一般登山者も三人くらいでした。----------

Img_7719山頂直下の急斜面。 山頂は、もうすぐだ! 「あとはこの大斜面を颯爽と滑るだけだ!」と自分に言い聞かせつつ、疲労度マックス状態で、あえぎながら登りましたた。(笑)------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_7741_2笙ヶ岳三峰より見る鳥海山(2236メートル)。 う~ん、やっぱり雪は、かなり少ないようです。
山頂にいた地元の山スキーヤーの方が話してしましたが、ここ三峰が1665mあり、三角点のある本峰よりも30メートルほど高いそうです。-------------------------------

Img_7749笙ヶ岳三峰より笙ヶ岳二峰、笙ヶ岳一峰(本峰)を望む。 雪庇が後退していて渡れるような感じでしたので、ボードをデポして本峰まで行くかー!と思いましたが、よく見ると多数のクラックができていて、本峰手前付近が崩落しているような感じでしたので、危ないから行くのは止めました。

Img_7750いよいよ至福の時です。山頂からドロップ! 素晴らしい斜面、けっこうな高度感です。ちょっと緊張してきました。ゴーグルを付け、緊張を抑えるため大きく深呼吸して滑りだす。ロングターンで真っ直ぐに落とし、ボトムから緩斜面を左側に滑っていく。緩斜面は、縦溝がいたるところにできていてガタガタ状態でした。雪も汚れているしで、滑りはイマイチでした。

Img_7753見晴らし台付近。この辺りは、中斜面が続き爽快な滑りができます。雪質もザラメ状で、まずまずでした。 雪が少ないため大きな「ヤブ島」が点在してるので、迷わないように滑走ルートを確認しながら滑る!----------------------------------------------------------------------------

Img_7689終盤付近。 この辺りは、日本海にダイブする感じで滑ることができます。気分爽快です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

栗駒山 (宮城県栗原市)

栗駒山のイワカガミ平まで道路が開通したとのことで、早速行ってきまた。完璧な晴天となり、天候にも恵まれ、最高のトレッキング&スノーボードができました。ボードを背負ってのハイクは、疲労度マックスでした・・・・(笑)  帰りは、ハイルザーム栗駒の温泉に入って、のんびりと疲れを癒してきました。  イワカガミ平駐車場(9:00発)→中央コース→栗駒山山頂(10:40着)  山頂(11:20発)→新湯沢沿い→イワカガミ平の駐車場(11:40着)

Img_7605イワカガミ平の駐車場。 すでに数台の車が駐車していました。夜間は通行止めで、9時にゲートが開くとのことでしたが、晴れた日は8時過ぎにゲートが開くようです。   
新湯沢沿いのコースを登るか?ところどころ夏道が露出している中央コース登るか? 迷ったのですが、軽アイゼンも持ってこなかったし、ボードを背負ってのハイクは、中央コースの方が楽かなーと思い、中央コースを選択しました。

Img_7610中央コース中間部より栗駒山山頂方面を望む。 やはり今年は、例年よりもかなり雪が少ないようです。南東斜面の下の方は、雪が消えていました。-------------------------------------------------------------------

Img_7647山頂直下の登り。山頂はもうすぐだ! 写真左側が南東の急斜面です。   
この日、スノーボーダーは、わたくし一人だけでした。 BCスキーヤーや一般登山者の中で、かなり目立ってしましました。いろんな方から声を掛けていただきました。ありがとうございます。(笑) 南東の急斜面に滑りだす瞬間は注目の的でした。多くの視線を感じ、「早く滑り出せー」と無言の圧力を感じました。 「コケたら笑いものだー」と思い、変に緊張してしまいました。コケることなく颯爽と滑ることができて良かったです。れやれれ(笑) 

Img_7649地元栗原市の75歳のおじいちゃんと13歳のワンちゃんも元気に登っていました。 おじいちゃんは、「今年もなんとが、犬と一緒に登ることがでぎだ。来年はどうなるがなー・・・・・?」と感慨深げに話していました。 「いや、まだまだ若いですから、あと10年は大丈夫ですよ!」と励ましてやりました。

Img_7654栗駒山(1627メートル)山頂。 山頂は、平日にもかかわらず多くのBCスキーヤーや一般登山者などで賑わっていました。 山頂からは、残雪の鳥海山を筆頭に、焼石岳、神室山などの素晴らしいパノラマが一望のもとでした。-------------------------------

Img_7657山頂直下大斜面。  水をたたっぷり飲んで、おにぎりを食って、体力の回復を待つ。 その後、山頂から南東斜面にドロップ!落とし過ぎないように、トラバース気味に滑って広大な斜面にでる。 最初は、軽いフィルムクラスト状態でしたが、ほとんどが柔かいザラメ状態の雪質でしたので滑りは最高!ストレスなく、爽快なランができました。

Img_7645続いて、山頂直下の大斜面を滑る。ここは、スピードアップしてロングカービングターンで滑りました。----------------------------------------------------------------------------------

Img_7671新湯沢は、こんな感じでした。沢に滑落しないように、スピードをコントロールして慎重に滑る! 途中、登りになる所や、写真のような雪庇がせり出してタイトになっているところもありました。落ちたら大変なので、ボードを抱えてツボ足で渡りました。でもスキーだと板を外すことなく余裕で滑り下りることができるでしょう。

Img_7673イワカガミ平の駐車場が見えてきました。至福の時は、たった20分くらいで終わりです。やれやれ(笑)  
多少危ない所はありましたが、山頂からイワカガミ平の駐車場までは、完璧に雪が付いていて、快適な滑走ができます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

スノーボードに行く予定ではなかったのですが、全国的に晴れて暖かく、最高の春スノーボード日和なる予感がしたので急遽行ってきました。予感は的中でした。(笑)   月山に行くか? 天元台に行くか?散々迷ったのですが、天元台スキー場も、そろそろ終焉ムードかなー?とのことで天元台スキー場に行ってきました。 まだ4月20日だというのに雪はかなり少なかったです。ほとんどゴールデンウィーク後半と同じ状態でした。2週間~20日間くらい早いペースで雪融けが進んでいます。地球温暖化恐るべし!です。  天候、ヤバイくらいの晴天。 雪質は、ザラメ状のバーンに、数センチの新雪が降り積もった状態で、この時期としてはまずまずでした。大満足です! シニア5時間券を購入して、9時過ぎから14時まで滑ってきました。

Img_75972上部のつがもりゲレンデ西コースは、完璧に雪が付いていてゴールデンウィークまで滑ることができます。断定的ですが!(笑)  中間部のしゃくなげゲレンデも雪はありましたが、午後になると地肌が露出す部分もでできました。でもまあ、なんとかゴールデンウィークまで滑ることができるでしょう!

Img_75803つがもりゲレンデ西コースにて。 数人のテレマークスキーのおじさんが練習していました。  この辺りは雪質もよく、ストレスなくカービングターンができました。午後になって雪が緩んできてもも月山のような腐れ雪にはならず、気分爽快、快適なランができました。やっぱり標高が高いってことは凄いことだと、改めて思いました。

Img_75851つがもりゲレンデ東コーストップより雪に覆われた飯豊連峰を望む。 
つがもりゲレンデ東コースは、完璧に雪が付いていましたが、コースの下のほうが岩やブッシュが露出してきたため閉鎖されていました。 でも内緒で入り込んで、三回ほど滑ってきました。勝手に滑ってすみませんでした。(笑) コースの下の方は、岩やブッシュが露出してきたため多少タイトになっていましたが、スピードをコントロールして滑れば、まったく問題なしでした。

Img_75915一番下のしらかばゲレンデスラロームバーン。 半分から下は雪が無くなっていました。やれやれ。(笑) --------------------------------------------------------------------------------

Img_75934ベース (しらかばゲレンデ) のリフト乗り場は、こんな感じです。この辺りは、雪が消えていました。-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_76025ロープウェイの天元台駅近くにある天元台神社。狛犬の代わりに、知る人ぞ知る有名な「吾妻の白猿」がおりました。今年は申年、縁起がいいですね!(笑)  後方は、残雪の飯豊連峰。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

月山スキー場 (山形県西川町)

オープンしたての月山スキー場に行ってきました。この時期の月山を滑るのは、スキーをやっていた頃を含めても、多分初めてだと思います。オープンしたての月山は、ヤバイくらいすご過ぎでした。(笑) 初滑り1日券 (3300円) を購入し9時過ぎから13時30分頃まで滑ってきました。 天候にも恵まれ、BC気分も味わうことができ、最高のスノーボードランができました。  4/11~4/22までは、初滑り特別料金で大人1日券が3300円、さらに月山駐車場も無料です。良かったです。(笑)

Img_7460月山リフト上駅付近。 まるで「氷の惑星ホス」 (スターウォーズ) のようでした。(笑)------------------------------------------------------------------------------------

Img_7458_2月山リフト降り口付近。 雪に覆われた朝日連峰が素晴らしい!---------------------------------------------------------------------------------------------

Img_75531_2姥ヶ岳山頂 (1700メートル) より月山を望む。ボードを背負ってのハイクアップはしんどかったです。(笑) でも後は、滑るだけ!  一気に滑るのは、もったいなかったので、途中休みを入れて、雄大な景観を楽しみながらゆっくりと滑ってきました。 山頂から稜線に沿っては、ほとんどトレースのない、広大な中斜面が展開しています。ザラメ状の雪の中に新雪が吹き溜まったところが点在していてブレーキがかかってしまい、滑りはイマイチでしたが、スピードをセーブしてゆっくりと、雄大な景観を楽しみながら滑ってきました。快適なロングランでした。

Pln2姥ヶ岳山頂 より月山を望む。圧倒的な景観が展開していました。 この日は、天候にもめ恵まれていたため、月山を目指すスキーヤーも多かったです。-----------------------------------------------

Img_7538月山リフト裏側より西俣沢方面を望む。 雪の多いこの時期は、リフトの裏側 (リフトを降りて右側) も滑ることができるのです。 ここは穴場的存在なのでしょうか?滑っているスキーヤー、スノーボーダーは、数人だけでした。------------------------------------------------

Img_7541月山リフトの裏側をしばらく滑っていくと、オープンバーンの急斜面が現れます。月山駐車場が見えますね。----------------------------------------------------------------------------------

Img_7545ちょっとしたツリーランを楽しみながら、ショートターンで滑って行くと、リフト下駅が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

天元台スキー場に行ってきました。天候、ヤバイくらいの晴天。 雪質は、バリバリのハードバーンの上に新雪が10センチくらい積もっていて、この時期としては最高のバーンコンディションでした。大満足です! シニア5時間券を購入して、9時過ぎから14時まで滑ってきました。

Img_73281標高1820メートルのつがもり東コーストップから望む。ここの最上部は、無圧雪の壁のような斜面が展開します。  このコースの右側は、無圧雪の斜面が続いていて、ちょっとしたツリーランもでき、ハイクなしのBC気分を味わうことができます。 ここからベースまで、標高差500メートル、全長3000メートルのダウンヒルが楽しめます。一気にノンストップでベースまで滑る。太腿、足首がガタガタになり、息が上がる! 気分爽快なランができます!(笑)

Img_73114つがもり西コース滑り出し付近。 この辺り一帯は、オオシラビソ、別名アオモリトドマツが斜面全体を覆っている。  天元台の魅力は、他のスキー場にはない標高の高さと、雪質の良さでしょう!ベースの標高が1300メートル、トップで1820メートルもあるのです。 安比で1300メートル、山形蔵王、月山でも1700メートルくらいです。標高1820メートルというと、朝日連峰の大朝日岳と同じくらいの標高です。

Img_73205つがもり西コース中間部付近。 新雪の下はバリバリのハードバーンです。バックサイドの大曲りターン中、エッジが効かずボードが流れて、いきなりしりもちをついてしまいました。やれやれ。ついでに振り向きざま写真を一枚!(笑)---------------------------

Img_73083標高15000メートル、中間に位置するしゃくなげゲレンデより望む。  米沢盆地の彼方に見えるの朝日連峰、月山が素晴らしい!天元台のバーンは、どこも幅が広く、ストレスなく爽快に滑ることができます。---------------------------------------

Img_73226ベース付近。今年は、雪がかなり少ないです。4月上旬でこんな感じです。一番下のしらかばゲレンデ スラロームバーンは、ゴールデンウィークまでもたないかもしれませんね。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

裏磐梯 猫魔スキー場 (福島県北塩原村)

ニャンコ魔スキー場に行ってきました。(笑)  天候、曇り時々晴れ、気温低め、微風、積雪十分。午前中は、やや固めのハードバーンでしたが、午後になると春特有の腐れ雪状態になってきました。そのため、けっこう足腰に負担がかかってしまって下半身が痛いです!やれやれ。(笑)  シニア1日券を購入して、9:00時過ぎ~14:00時過ぎまで滑ってきました。  

Img_72931猫魔ヶ岳直下のラ・フューテ コーストップから望む。 氷と雪に覆われた桧原湖が素晴らしい。右上にちらっと見えるのがグランデコスノーリゾートです。 ラ・フューテ コースは、猫魔スキー場の一番奥に位置している。--------------------------------------------------------------------

Img_72715ラ・フューテ・インコース滑り出し付近。前半は、斜度27度のタフなバーンが続く。-----------------------------------------------------------------------------------------

Img_72633ダルジャン・センタートップから望む。 磐梯山が素晴らしい!このコースの上部は最大33度の急斜面だ。 猫魔スキー場は、「猫魔ボウル」と呼ばれる周囲を尾根で囲まれたボウル状の地形の中に3つのピークがあります。上部はどこも30度前後の急斜面になっているので初心者や初級者は、ピークまで登ってくることができません。そのため眼下に広がる磐梯朝日国立公園の雄大な景観を見ることはできないのです。残念!

Img_72975_2ダルジャン・アウトの猫魔パーク。 スロープスタイル系のパークが充実しているので、浮遊感と爽快感をもとめて関東圏からも多くのパーク系スノーボーダーが来ていました。-------------------------------------------------------

Img_72862ラ・フォーレ・イン トップからラ・フューテ コースを望む。 ラ・フォーレ・インコースは、大回転のポールバーンなっていました。 猫魔スキー場は、スノーボーダーが圧倒的に多かったです。スノーボーダー8に対してスキーヤー2くらいの割合でした。そんな少数派のレーシング系スキーヤー数人が、ポールバーンでジャイアントスラロームの練習をしていました。見た感じ団塊の世代のスキーヤーでしたが、みなさん圧倒的に上手かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

オニコウベスキー場 (宮城県大崎市)

岩手も山形も福島の会津地方も曇りで風が強く終日雪の予報! 今日、晴れ間があったのは宮城県だけでした。そんな訳でオニコウベスキー場に行ってきました。新雪がたっぷり降り積もっていて、グルーミングバーンも新雪の無圧雪バーンも最高の状態でした。大満足です。こんなバーンコンディションは、今シーズン最後でしょう!?  リピーターズチケット (1000円の食事券+300円のドリンク券+鳴子温泉郷入浴割引券付きで3900円) を購入して9時過ぎから14時過ぎまで滑ってきました。 

Img_7229朝一のロマンスフィールド。 山頂コースがオープンする時間はいつも10時30分ころなので、しばらくは、山麓のロマンスフィールドやオールディフィールドを滑っていました。 気温も低めで山麓コースも最高の状態でした。-------------------------------------------------------------------

Img_7233ロマンスフィールドトップにて。今日は、若い初心者スノーボーダーが多かったです。 さて何故でしょう? それは、「雪マジ! 19才」という企画で、年齢が19才だとリフト券が無料になるからなのです。詳しくはこちらをどうぞ。---------------------------------------------


Img_7239全長1000メートル、最大斜度20度の山頂のフォレストロード。グルーミングバーンも新雪の無圧雪バーンも最高の状態でした。 全く足腰に負担がかからない快適なスノーボードランができました。 このコースは、オニコウベでは一番人気のコースであります。--------------------------------

Img_7238ホテルオニコウベス前のオールディフィールド トップにて。  このコースでは、午前中、いつもジャイアントスラロームの練習をやっています。見たところ、小学校高学年から中学生という感じの少年たちでした。 この日は、新雪をグルーミングした最高のバーン状態。みなさんビュンビュン飛ばしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

赤倉温泉スキー場 (山形県最上町)

もさもさと少々湿っぽい雪が降り続く中、山形県最上町の赤倉温泉スキー場に行ってきました。ここは、最上町出身の元ワールドカップレーサー海和俊宏さんが子供の頃練習したスキー場で、「海和バレー」という急斜面のコースもあります。パウダースノーとはいきませんでしたが、新雪 無圧雪バーンの滑走を楽しんできました。大満足です。   「全部コミコミ満喫パック券」を購入して9時30分から14時30分過ぎまで滑ってきました。「全部コミコミ満喫パック券」は、リフト一日券+食事券(850円)+コーヒー券(300円)+赤倉温泉入浴券が付いて、55才以上のシニア券が、なんと、3250円でした!超お買い得です! でも帰りの温泉は、鳴子温泉郷の中山平温泉 しんとろの湯に入ってきました。やれやれ(笑) 
赤倉温泉スキー場の動画はこちらをどうぞ。

Img_7184スキー場トップ。 大パノラマの眺望は、まったくダメでした。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_7196スキー場トップ付近。 左側が「海和バレー」で右側が「国体コース」です。新雪の降り積もった「海和バレー」は最高でした。  『上級専門、プロも認定!! 距離400m、幅50m、平均傾斜28度、最大斜度32度、 最上町出身の元オリンピック選手、プロスキーヤー海和俊宏氏に由来するコース。プロの滑りを追及する方向きの急なコースが続きます。』 だそうです。ちょっとと大袈裟ですね。(笑)  海和バレーから続く中央ゲレンデ3、国体コース1の割合で滑ってきました。

Img_7185国体コースでは、地元シニアの方 (老人クラブ?) のタイムトライアルレースが行われていました。ヒュッテの食堂でヘルメットをとると、全員が70才代のおじいちゃん、おばあちゃんでした。レーシング用スーツを着て、ヘルメットをつけて滑っていると、全く年齢を感じさせないです。みなさん元気です。「今日は良かった。前よりも2秒早かった。3秒早かった」、「今日は調子が悪かった。前よりも5秒くらい遅かった」等など、わいわいがやがやと元気におしゃべりをしていましたね。さすがスキーの町最上町です。びっくりしました。(笑) 

Img_7199ゲレンデベースには、メイプルカフェ、ふるせ山小屋、ヒュッテこだま、ヒュッテチロル の4件の個性的なヒュッテがあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

泉高原スプリングバレー スキー場 (仙台市泉区)

午前中時間があったのでスプリングバレー スキー場に行ってきました。4時間券を購入し9時から11時過ぎまで滑ってきました。天候にも恵まれ、アイスバーンもなく 雪質もまずまずで、最高のスノーボードができました。良かったです。

Img_7166スプリングバレースキー場は、ロープがいたるところに張られていて完璧に規制され、圧雪バーンしか滑ることはできません。 今回は、まあ、スノーボードを楽しむというよりは、練習・調整という感じでした。バーンコンディションもまずまずでしたので、プレスカービングターンを繰り返して滑ってきました。スキーでいうところのベンディングターン (抱え込み抜重) と呼ばれるテクニックです。ストレッチターンと比べてターンの時の上下動が少なくなり、素早く効率的な切り替えができます。

Img_7172トップにて。 友人からもらったボードにビンディングを取り付けて滑ってみました。短いボードでしたが、軽くてなかなか感触は良かったです。 もっと軽いロッカーボードももらったのですが、こちらにはまだビンディングは取り付けていません。あとの楽しみしということで・・・・(笑)


Img_7181ベースにて。 平日にもかかわらず、初心者のスノーボードスクールは大繁盛でした。良いことです。みんなさん、どんどん上手くなって、スノーボード人口を増やしてもらいたいですね。------------------------------------------------------------------------


Img_7174なぜか、トナカイ? が現れました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)