’14~’15 スキー・スノーボード

2015年5月20日 (水)

月山 (山形県西川町)

スノーボードを背負って月山に登ってきました。天候にも恵まれ、気分爽快!最高のトレッキング&スノーボードができました。  先週もスノーボードで滑ったので、まあ、足慣らしは不要かなと思い、リフト1回券を購入し、バックパックとトレッキングポールを抱えてリフトに乗り、月山上駅へと向かいました。 いざ月山へ!!  月山駐車場(8:45発)→月山リフト→牛首→月山山頂→月山スキー場→駐車場(15:15着) 約6時間30分のトレッキング&スノーボードでした。 
Img_4986月山上駅付近。ここから姥ヶ岳、紫灯森(さいとうもり)の東斜面をトラバースして牛首の稜線に向かいます。 ボードがずしりと肩に食い込む!(笑)---------------------------------    

Img_5043牛首手前付近から望む。残雪の朝日連峰が素晴らしい!     ボードを背負って登るのは、2時間が限界ですね。(笑) かなりの重量になるし、月山は急斜面の雪渓登りもありますので、けっこうヘトヘトになります。そんな訳でか、ここ2年~3年でスプリットボードの愛好者がかなり増えました。 この日も、女性1人を含む40歳代くらいの5人のパーティーの方がスキーで登っていました。 よく見てみると、スキーではなく、なんとスプリットボードでした。5人全員がスプリットボード!いやー、びっくりしました。 雪渓の切り目付近でスノーボードに組立ててからデポして、月山山頂に登っていました。  「やっぱりスプリットボードかなー。。。でも年に1回~2回くらいしか使わないしなー。。。」などと登りながらいろいろ考えていました。(笑)  わたくしの場合、ブランクはありますが、どちらかというとスノーボードよりスキーのほうが得意なので、スプリットボードで登ってもシールをはがして、そのまんま滑り降りてきそうで怖いです。(笑)   #スプリットボードはこちらをどうぞ。
Img_5030_2牛首手前付近から望む月山山頂。山頂は、まだまだだ。。。。山頂に登る前に一本滑ろうと思い、牛首のピークから西俣沢に向かって滑ってみました。   水をたっぷり飲んで休憩をとり、体力の回復を待つ。ザックを背負い、体にぴったりと固定する。ゴーグルをセットし、大きく深呼吸をして西俣沢に向かってドロップ。滑り出しの急斜面を大曲カービングターンで滑りこんで行く。ターンのたびに集中力が高まり、音が消えた、感覚的にも、精神的にも無になった。。。。。ボードが重い。登り返しが大変でした。山頂に登る前にヘトヘトになりました。(笑)

Img_5066牛首のピークが見えます。 山頂直下、西俣沢の上部付近のここで雪渓が切れていました。爽快な雪渓登りも終了です。下からはスノーボーダーとスキーヤーのパーティーが登ってきていました。  ここにボードとパックパックをデポして山頂に登ってきました。

Img_5069小高い丘が月山(1984メートル)山頂で月山神社のあるとこです。 山頂までは登る予定ではなかったのですが、あまりにも天気が良かったので、とりあえず登ってきました。(笑)-----------------------------------------

Img_5077月山の南東側に展開する大雪城。 写真では伝わらないと思いますが、まだまだとんでもなくドデカイ雪渓が残っていました。雪渓を下ってみましたが、しばらく進むと雪渓は、ストンと急になるので、山頂側からはすぐに見えなくなります。そのため山頂から見たのでは、大雪城の広大さは分からないです。   スキーやスノーボードを担いでここまで登ってくるのは大変ですが、是非、大雪城の斜面を滑ってみたいです。でも登り返しが大変です。(笑)

Img_5078月山山頂から湯殿山コース側に少し下ったところに立つ「芭蕉の句碑」。 朝日連峰をバックに裏側から撮影しました。(笑)  正面には、『雲の峯 幾つ崩て 月の山』 と刻まれています。  芭蕉は、約320前に月山に登っています。 芭蕉46才!神の山 月山への登山を強行! 『息絶え、身こごえて、頂上にいたれば日没して月現る。 笹を敷き、篠を枕として、臥して明るくなるを待つ。日出でて雲消ゆれば、湯殿に下る。』 (松尾芭蕉 『おくのほそ道』 より)  まさに、死を掛けた登拝でした。

Img_5061_2山頂直下、西俣沢の上部付近より姥ケ岳方面を望む。 ここから姥ヶ岳下までは、ほぼ一気。遮るものは何もない。。。。。右下のほうに休んでいるスノーボーダーが見えますが、彼もスプリットボードでした。 ボードを担いで登っていたのは、わたくしを含めて4人くらいでした。やれやれ。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2015年5月13日 (水)

月山スキー場 (山形県西川町)

月山スキー場に行ってきました。久しぶりのスノーボードでした。午前券を購入し、8時30分過ぎから滑ってきました。 この日は、台風一過、まだ5月だというのに仙台の最高気温が25度、東京が28度という夏を先取りしたかのような陽気!! しかし、月山は、分厚いガスが全山を多い、強風で真冬のように寒く、なんと朝方はみぞれが降っていました! 月山恐るべしです!(笑) 

Img_4966月山リフト上駅付近。  あまりの強風のため、10時30分過ぎに、なんと、リストが運行見合わせになってしまいました。コーヒーを飲んだりして、30分ほど待っていましたが、強風のため、ついにリフトは運転中止になりました。(涙) あきらめて帰ろうとしたら「これからリフト券の払い戻しをします」とのアナウンスがありました。こんなことは初めてです。なんと良心的なスキー場でしょう。普通、スキー場でのリフト券の払い戻しはありません。びっくりしました。 午前券を3400円で購入したのですが、2030円が戻ったきました。いやー、ラッキーでしたね。(笑)

Img_4922月山下駅付近。  スキーヤーのみなさん真冬のいで立ちでした。軽装でスキー、スノーボードなんてとんでもなかったです。(笑)-------------------------------------------
Img_4953月山下駅を望む。 朝日連峰方面は晴れていたようですが・・・・・・-------------------------------------------------------------------
Img_4962砂漠を思わせるような大斜面をスキーヤーがトラバースして行きます。 風が強かったですが、雪質などコンディションは最高でした。荒れてなく、ザラメ状の雪で締まっていて、足腰にも負担がかからず気分爽快なランができましした。 午後からは、姥ヶ岳に登って山頂から駐車場までロングランをしょうと思っていたのですが、リフトが止まってしまい断念せざるを得ませんでした。残念でした!

Img_4969月山下駅のスキーハウスにて。 リフト運行の再開を待ち望んでいる多くのスキーヤーやスノーボーダーで、ハウス内はごった返していました。あふれた若いスノーボーダーは、テラスに出て、寝そべって昼寝をしていましたね。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年4月16日 (木)

グランデコ スノーリゾート (福島県北塩原村)

昨日、グランデコスノーリゾートに行ってきました。朝方は曇り空で雨が降っていましたが、天気予報は見事に外れ、瞬く間に晴れ上がってきました。 雨の中のライディングを覚悟してきたのですが、こんなに晴れてしまって、ビックリするくらいラッキーでした。(笑) しかし、終了時間の13時30分頃になると、みるみるうちに真っ黒な雷雲が広がってきて猛烈な雷と雨が襲ってきました。 なんと、滑っていた4時間だけ晴れていたことになます。すごいことです。(笑)   4時間のマスター券を購入して、9時30分過ぎから13時30分過ぎまで滑ってきました。   この日は、かみさんと 福島県の奥飯坂・穴原温泉の「山房 月之瀬」という宿に一泊してきました。 
Img_4613標高1590メートルのトップから望む会津磐梯山。  雪質は、春特有の腐れ雪で最悪でした。雪の汚れがひどく、中間部の緩斜面では、まったく滑らずボードが完全に止まってしまい、徒歩を強いられトップからベースまでノンストップで滑ることはできませんでした。そのため、上部のミントBコースとラベンダーAコースを繰り返し滑っていました。   グランデコスノーリゾートは、広大なデコ平と呼ばれる台地上にあるため、緩斜面が多く初心者向けのスキー場になっています。
Img_4606ゴンドラ降り口付近。素晴らしい青空が広がっていました。  この日は、2400メートルのゴンドラと第2、第3クワットリフトのみの運行でした。----------------------------------
Img_4624西吾妻連峰 西大巓(にしだいてん、1982メートル)を望む。 グランデコ スノーリゾート は、西大巓の南面に展開するスキー場です。----------------------------------------------------------------------------------
Img_4621_2ミントBコース下部から望む会津磐梯山。 右側には裏磐梯スキー場、右端には猫魔スキー場が見えます。--------------------------------------------------
Img_4603_2ゴンドラ内にて。   少しテクニカルなことを書きますが、春特有の湿り気の多い腐れ雪を滑るのは、けっこう大変です。ストレスも感じます。(笑)  コツは、極力ボードの面で雪をとらえることですね。ポジショニングも重要です。とにかくボードのいい位置に乗って、足首や膝を柔軟に使い、ボードの面と雪面とのコンタクトをキープし続けることです。角付けを強めるのはタブーです。雪に突き刺さって転倒してしまいます。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年4月 7日 (火)

蔵王温泉スキー場 (山形県山形市)

蔵王温泉スキー場に行ってきました。山形蔵王全山は、豊富すぎるほどの積雪で、この時期としては最高のライディングができました。 午前中は、全山にガスがかかり、曇りベースで真冬並みに寒かったです。バーンコンディションは、ガリガリに凍結したアイスバー状態で最悪でした。(笑) 11時頃になると気温が上がってきて、ザラメ状の雪質になり、まずまずのコンディションで爽快な滑走ができました。 ファイナルシーズン1日券(なんと3000円!)を購入し、9:00時~14:00時まで滑ってきました。

Img_4562蔵王ロープウェイ山頂駅。----------------------------------------------------------------------------------------------
Img_4569山頂の気温は、なんとマイナス4度と真冬なみでした。前日の陽気で融けた雪が凍結し、ほとんどスケートリンク状態! いきなり足腰に負担がかかり、滑って降りて来るのが大変でしたね。二度々山頂には行きませんでした。(笑)
Img_4572横倉ゲレンデ。 春特有の腐れ雪とは無縁でした。凍った雪が融けて緩んできて、昼頃には最高のバーンコンディションになりました。気分爽快、ストレスなく純粋に滑りを楽しめました。----------------------------
Img_4582黒姫ゲレンデ。 この日は、ロープウェイは全て運行したいましたが、ファイナルシーズンになましたので、リフトの運行は限られていました。動いていたリフトは、中央ゲレンデ、横倉ゲレンデ、黒姫ゲレンデのみでした。----------
Img_4594黒姫ゲレンデ、スーパージャイアントコース。滑り出しの急斜面は地肌が露出していました。   中央ゲレンデや黒姫ゲレンデは、ガスが厚くかかっていたので、午前中は、多少賑わっていた横倉ゲレンデで滑っていました。ガスがとれてきた午後からは、ロープウェイで樹氷高原駅まで移動し、百万人ゲレンデや黒姫ゲレンデで滑っていました。 いや~、名前の通り広大なロングコースのに、滑っていたのは、わたくしを含めてスノーボーダーがたったの二人、スキーヤーも数名という、惨憺たるものでした。(笑) ほとんど貸切り、プライベートゲレンデ状態でした。天候もどんよりした曇り空で、なんか、無償に寂しくなってきました。(笑) やっぱりスキー場は、多少賑わっていたほうがいいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

風速30メートルの強風のなか、スプリングバレースキー場に行ってきました。午前中は、リフトが頻繁に止まり、リフトに乗っている時間のほうが長くて散々でしたが、午後になると強風も止み、最高の春スノーボード日和になりました。よかったです。  4時間券を購入して、10時30分過ぎから14時30分まで滑ってきました。

Img_4537クワットリフトにて。  午前中は、猛烈な風が吹き荒れ、リフトが頻繁に止まりました。数メートル動いては止まり、また、数メートル動いては止まりの連続で、滑りにきたのではなく、リフトに乗りにきたような状態でした。(笑)

Img_4546昼頃になると猛烈な風も止み、最高のスノーボード日和になりました。三月下旬だというのに雪も豊富にあり、ほぼ全面滑走可能。気温も低めで雪質も良く「春スノーボード」という感じでは無かったです。ハイシーズンのスキー場でした。

Img_4530右がクリッパーAコースで左がクリッパーチャレンジコース。  3月29日(日)に、スノーボード スロープスタイルの大会があるため、クリッパーチャレンジコースは閉鎖されていました。 スタッフのみなさん、コース造りに忙しそうでしたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

箕輪スキー場 (福島県猪苗代町)

3月にしては珍しく北日本に真冬並みの寒気が流れ込み低気圧も発生し、ここ数日は大雪・大荒れの状況でした。これは、パウダーの予感!これは行くしかないと思い、箕輪スキー場に行ってきました。予感は的中!圧雪バーンの上にぶ厚くパウダースノーが降り積りパウダー天国状態でした。 なんと、本日は、メンズディだったので1日券(3000円)を購入して、9時30分から14時30分まで滑ってきました。最高のパウダーランができて大満足でした。  
Img_4467メイプルストリートトップ付近。この辺りは、ほとんど視界不良でした。 時折吹雪く中、パウダースノーが降り続く・・・・・・・数日で大量の雪が降ったため、除雪が追い付かず高速クワットリフト ファルコンスパーライナーは、9時30分になっても止まったままでした。運行開始は、早くて10時過ぎとのこと。やれやれ、最高のコンディションなのに残念です。しかたなく、ホテル前の初心者コースを10時過ぎまで滑っていました。
Img_4471フード付き高速クワットリフトは、パウダーエクスプレス!降りれば、そこは、楽園の入口、異次元へのトリップ!   ベースに近い急斜面には、少し重い雪が降り積もっていました。この辺りはちょっと大変です。ボードを横にしすぎると、深くて重い雪のためボードが埋まり、止まってしまいます。そこで、ノーズを引き上げるのではなく、テールに荷重していく感じで滑るとテールが雪面に食い込み、減速しながらスムーズに滑ることができます。
966poj1画面の「Cリフト」がフード付き高速クワットリフト ファルコンスパーライナーです。    箕輪スキー場は「コース外一切滑走禁止!」の立て看板が多く、規制の厳しいスキー場ですが、降り続く雪と、吹雪と、上部の視界不良のため、この日ばかりは、サイドカントリーのツリーランやリフトの下なども滑り放題でした。上から下まで無圧雪のバーンが広がり、ほとんどオープンバーン状態でした。 パウダーフリークのスノーボーダーも多く来ていて、コース外(赤ライン辺りの斜面)のディープなパウダーが降り積もったバックカントリーを奇声をあげて滑っていました。気持ち良さそうでしたね。(笑) 当然、おじさんは、遭難したら大変なので滑りませんでしたが・・・・・(笑)
Img_4460_2ホテルプルミエール箕輪。すごいツララです。(笑)-------------------------------------------------------------------------
Img_4475若いって素晴らしいです。 寒さと吹雪の中、ウェア全開で、グラトリをしていました。(笑)--------------------------------------------------------
Img_4478ベースのスキーセンター。2階まで雪で覆われていました。雪かきが大変ですね。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

岩手高原スノーパーク (岩手県雫石町)

小岩井農場の北西、岩手山の南西斜面に展開する岩手高原スノーパークに行ってきました。風は強かったですが、積雪充分、雪質やや緩め、完璧な晴天に恵まれ、気分爽快、最高のライディングができました。 5時間券を購入し、9:00過ぎから14:00まで滑ってきました。  
Img_4346冬の一本桜と岩手山。 左のほうに滑ってきたばかりのスキー場が見えます。 岩手高原スノーパークに行くには、小岩井農場の中を通って行きますので、帰りにちょっと寄ってみました。いやー、素晴らしい景観が広がっていましたね。感動しました。寄って良かったです。
Img_4278初級者向けのサンモリッツコース。 岩手高原センタープラザの目の前なのでファミリーには最適なゲレンデです。久しぶりのスノーボードだったので、ちょっと滑ってみました。--------------------
Img_4283ベースからシャモニーコースを望む。 11時頃になると、おじさんスキーヤーの団体さんや多くの初心者スノーボーダーで賑わってきました。スキー場は、平日とはいえある程度賑わっていないと滑っていてもモチベーションは上がらないですよね。(笑)
Img_4298標高1230メートルのトップから望む雫石スキー場。 メンズダウンヒル、レディースダウンヒルのコースがはっきり見えました。-------------------------------------------------------------------------------------
Img_4269快適な中斜面が続くロングコース、シャモニーゲレンデから小岩井農場方面を望む。まるで小岩井農場に向かってダイブする感じのランでした。 幅の広いバーンなので荒れていない午前中は、リズミカルな大曲り、小曲りカービングターンがやりたい放題でした。雑念が消えて気分爽快でした!!
Img_4295トップから岩手山 鬼ヶ城方面を望む。 トップまでダイレクトに行くことができるゴンドラは、強風のため運行中止でした。でも、時間はかかりますが、リフトを3本乗り継げばトップまで行くことができます。おじさんスノーボーダーとっては、リフトに乗って適度に休めるので良かったです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

ニュー スノーボードブーツ

靴ひもを使用しないBOAシステムを搭載したK2のスノーボードブーツを購入しました。BOAシステムは、数年前に登場したもので、スノーボードブーツからひもを締めるわずらわしさを解消した画期的なシステムです。一般の靴や運動靴、トレッキングシューズなどにも採用されています。その仕組みは、いたって簡単で、靴ひもの代わりとなるワイヤーを、ブーツのタン上部に取付けられたダイヤルで巻くというものです。 ダイヤル1つで、しかも片手で、簡単かつ少ない力で、軽くブーツを締めることができます。緩めるときも簡単です。ダイヤルをちょいと引っ張るだけで、簡単にブーツが緩るみます。なんといってもBOAシステムのいいところは、ブーツを簡単に緩めることがきるので、少しの休憩でも緩めるようになり、足が解放され、血行が良くなり楽になったことです。(笑)   フィット感が悪いとか足首が痛くなるとかダイヤルが邪魔になるとかいろいろと言われているようですが、まったく問題なしですね。実際に、2回ほど履いて試しましたが、快適で素晴らしいスノーボードブーツでした。

#「K2 Kwicker」 ついでにこちらの動画も観てね。(笑)

Img_42262


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

みやぎ蔵王白石スキー場 (宮城県白石市)

数年ぶりに白石スキー場に行って来ました。 気温低めで、曇り時々晴れ。昨日の暖かさで融けた雪が凍った状態のバリバリのハードバーンでした。半日午前券を購入して、9時過ぎから13時まで滑ってきました。   白石スキー場は、わたくしにとって思い出深いスキー場です。10年くらい前、初めて体験したスノーボードにカルチャーショックを受け、「スノーボードは自己流ではだめだ!」と悟り、白石スキー場のスノーボードスクールに入り、プライベートレッスンを受けました。ここのスノーボードスクールのレベルは、かなり高いです。スノーボード初心者なら、迷わず白石スキー場のスノーボードスクールでレッスンを受けることをお奨めします。半日でターンができるようなり、一日でカービングターンができるようになります。これホントです。 

 
Img_4221白石スキー場 センターハウス。  久しぶりに青空のもとでのライディングとなりました。やっぱり、青空が見えると気分も上がりますよね。(笑) ------------------------------------------------------------------------
Img_4198センターハウス前のファミリーコースは、白石工業高校の生徒さんたちのスキースクールと自衛隊の方の訓練で大混雑でした。-----------------------------------------------------------------------------------
Img_4203センターハウス前のファミリーコース。 いつも思うことですが、「自衛隊の教官」らしき人の滑りは、ほんとすごいです。サイドカットもキャンバーもほとんどないようなスキー板で、しかも、普通のブーツみたいな踵の上がる靴で、あれほどの滑りをするのですから驚異的です!(笑)

Img_4212Eコースにて一休み。 午前中は、幅が広く快適な中斜面が続くAコースで大曲カービングターンを楽しんできました。雪が少し緩んできた午後は、急斜面のあるEコースを滑ってきました。---------------------------------------  
Img_4219Bコース。上部が非圧雪の急斜面になっています。あまりコブになっていないのでラッキーと思い滑ったら、これがバリバリ、ガリガリのハードバーン、アイスバーンでした。ボードのコントロールは効かないし、バランスはとれなしで大変でした。一度のライディングで足腰が痛くなってきました。全くやれやれです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

黒伏高原スノーパーク ジャングルジャングル(山形県東根市)

猛烈な強風の中、スノーパークジャングルジャングルに行ってきました。立って居られないくらいの突風が吹き付け リフトが頻繁に止まる中、4時間券を購入して9時30分頃から13時まで滑ってきました。  このスキー場は、牧場を利用して造られたそうで、二本のクワットリフトで滑れることができる5コースとその周辺は、ロープやネットでの規制は全くなく、オープンゲレンデになっています。リフトの下だろうが、林の中だろうが、どこでも自由に滑ることができます。オープンゲレンデは素晴らしいですね。 

Img_4144ゲレンデトップ付近。 パウダーが降り積もる非圧雪の斜面を狙って、多くのスノーボーダーが来ていました。彼もその一人。ザックには、伸縮ストックを入れていました。分厚く降り積もったパウダーで止まったり、転倒したりしたら、伸縮ストックは大いに役立ちますね。
Img_4145彼の滑った跡を追うようにツリーランをしてきました。時折ホワイトアウト状態になる中、先導者がいると安心して滑れますね。助かりました。(笑)-----------------------------------------------------------------------
Img_4174リフト下の非圧雪の急斜面もご覧の通り、滑り放題でした。多少荒れてきてもブリザードがノートラックバーンに戻してくれました。いゃー、ラッキーでしたね。(笑)-----------------------------------------------------------
Img_4151ベースにて。時折猛烈な突風が吹き付け、数メートル前が見えなくなります。やれやれ。  ここは、スノーボーダーが多いですが、マスター券、シニア券がありますので、おじさん、おばさんスキーヤーも多く来ています。 わたくしも50代、マスター券はありがたいです。(笑)
Img_4188ベースのジャングルプラザ(スキーセンター)。   昼頃になるとスノーボーダーが続々とやってきました。猛烈な寒さも、ブリザードも全く平気な様子です。若いって素晴らしいですね。おじさんスノーボーダーは、昼頃ですでに終焉ムードです。(笑)
Img_4154ベースにて。  最近、許可されていないコース外を滑走して雪崩に巻き込まれたり、遭難したりするスノーボーダーやスキーヤーが多くなっています。まあ、パウダーフリークとしての気持ちは解りますが、許可されていないコース外を滑走するのは止めましょう!スキー場のスタッフは大変です。 リフトを最大限に利用して、非圧雪のオープンバーンを自由に滑れることができるスキー場もけっこうありますし、ガイド付きのサイドカントリーツアーをやっているスキー場もあります。 こんなスキー場に行きましょう!まあ、多少高くは付きますが!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)