’10~’11 スキー・スノーボード

2011年5月18日 (水)

月山スキー場(山形県西川町)

月山スキー場に行ってきました。久しぶりのスノーボードでした。天候、曇り時々晴れ。雪は、とんでもないくらい大量にありました。余裕で7月末のクローズまで滑れますね。 春特有の腐れ雪、かなり滑りづらかったですが、2~3本滑ると慣れてきて充分楽しめました。5月のこの時期に天然雪で滑れるなんて奇跡ですよね。(笑) 午前券を買い8時過ぎから11時30分頃まで滑ってきました。 

Cimg0633月山リフト降口付近。姥ヶ岳斜面にはTバーリフトが見える。  例年ですとこの辺りの雪は融けていて、笹などの緑や岩がごろごろと露出してたるのでいが、今年はほとんど見えませんでした。周りは、雪・雪・雪のみ。。。。。

Cimg0639沢コース付近。 圧倒的な雪の壁・斜面が迫る。空と雪が融合する。あまりに巨大なため、どこまでが雪で、どこからが空なのか一瞬分からなくなってしまう。-----------------------------------------------------------------------

Cimg0637圧倒的な積雪量、広いオープンゲレンデ。 最近は、コアなスノーボーダーも多く訪れるようになった。  姥ヶ岳の斜面にあるTバーリフトは、初心者には難しいかもしれないが、こつさえつかんでしまえば簡単である。上部には広大なオープンゲレンデが広がり、おもいのまま自由にコースを選択できる。

Cimg0629月山リフト下駅。 5~6メートルは積もっているだろう。どこまで行っても雪だらけである。新緑はまだ無い。リフトの下あたりは、やっとフキノトウが出はじめた。月山の新緑は1ヶ月先である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月19日 (火)

グランデコ スキーリゾート(福島県北塩原村)

「がんばろう! 福島!」ということで、福島県で唯一、営業を再開したしたグランデコスキーリゾートに行ってきました。なんと、スキー場の売上金の10%を震災義援金として寄付するという、被災者にとっては、なんとも頼もしいスキー場でありす。 位置的には、会津裏磐梯の五色沼から車で10分、小野川湖の近くにあります。  天候、曇りベースで時々晴れ。気温やや低め。春特有の腐れ雪でしたが、積雪は充分でした。 なんと、午後からは雪がもさもさ降ってきましたね。  

Cimg04978リフト降口付近から吾妻連峰の西大嶺山(1982メートル)を望む。吾妻連峰は、山形との県境になっていて、向こう側には天元台スキー場があります。 リフト降口付近の台地は、通称デコ平と呼ばれていて名称の由来になっている。

Cimg05043全長2000メートルのセンターコース終盤付近。 スキーセンターが見える。ベースで1010メートル、トップが1590メートルと標高もかなり高い。 1日券を購入し、今回もスノーボードで、9時~14時過ぎまで滑ってきました。 なんと、9割りはスノーボーダー!スキーヤーはわずか5~6人という状態でした。爽快なカービング・ターンや滑走感を味わえる中斜面が少なく、なだらかな緩斜面の多いスキー場ですね。そのためか、グラトリ好きのスノーボーダーが多数来ていました。グラトリとは、グランド・トリックの略で、緩斜面を滑りながら行なうトリックです。こんな感じ。 

Cimg05064センターコース中間部。 春特有の腐れ雪は、荒れてくると、でこぼこになって盛り上がってくるし、重くまとわり付いてくる感じで、非常にやっかいです。滑りが悪くなってきて緩斜面では止まってしまいますね。おかげで足腰にかなりきてます。(笑) ただ、スキーよりは、はるかに滑りやすい感じがします。

Cimg04961スキー場入り口(スキーセンター)。東西のウィングには充実した施設がそろっている。  今回は、ゴールデンウィークまでの臨時営業ということで、クワットリフト一本だけの運行です。一部滑走可ですね。 ゴンドラに乗って行くことができる上部エリアは滑走ができませんでした。上部エリアにはブナの林が広がっていて、オープンバーンの林間コースが広がっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 5日 (火)

秋田八幡平スキー場(秋田県鹿角市)

朝4時起きの、5時出発で行ってきました。仙台から4時間、盛岡からでも2時間かかりました。やれやれ。(笑) しかし、時間と金をかけて行った価値は充分過ぎるくらいありました。 少々早く着きすぎました。平日は時間短縮で9時30分~15時までの営業でした。1日券を購入して、9時30分から14時過ぎまで滑ってきました。天候、晴天。気温、高め。積雪、充分。優に3mは積もってたんじゃないかな。余裕でゴールデン・ウイークまで滑れます。 帰りには、隣にある名湯「後生掛温泉」によってきました。

公式ホームページはこちら

Cimg04501スキー場トップから焼山(1366メートル)方面を望む。国立公園内だけあって自然景観がすばらしい。   福島県のスキー場は、放射能問題(スキー場まではこないべ!)・自粛などで全て閉鎖。宮城県、山形県のは、頻発する余震・燃料不足などのため全て閉鎖。岩手県の安比、夏油などは、燃料不足・自粛などにより全て閉鎖。東北でやってるスキー場は、ここと青森の八甲田スキー場くらいだ。やれやれ。(涙)

Cimg04642スキー場 ベース付近。 正面がブナ森ゲレンデ。  ここは、ブナ森ゲレンデとトド松ゲレンデの2本のコースがある。さらに、コース規制のないオープン・バーンが広がっている。林の中だろうが、山の中だろうが、自由に滑ることができます。パウダー・ジャンキーには、たまらないスキー場です。ただし「自己責任でお願いします」とのことでした。(笑)  調子こいてガッチリ滑ってしまいました。腰が痛い!(笑)
 
Cimg0452トド松ゲレンデトップから望む。斜度30度、滑りだしはかなりの急斜面だ。コース幅が広い。あまりに広すぎて、ちょっとと戸惑う。 広さに慣れてくると、思う存分大回りカービン・グターンができました。スノーボードでの大回りカービング・ターンは気分がいい、運動能力と遠心力を発揮して自分で操作しているという感覚を強く味わうことができる。
 
Cimg0458ポールを立て、地元中学生のアルペン・チームがスラロームの練習してました。なかなかいい滑りです。  このスキー場では、スラローム大会、マスターズスキー大会など様々なスキーの大会が開かれている。珍しいところでは、テレマークスキーの大会もあった。そういえば、熟年テレマークスキーヤーも多かったなー。。。あと、毎月第一日曜日がスノーボーダーの日ということで、リフト券が半額になるとのこと。土日は、スノーボーダーも多いらしい。

Cimg0461向かって左がブナ森ゲレンデ、右が最大斜度30度のトド松ゲレンデである。全長1300メートルと長くはないが、コース幅が広くけっこう滑り応えがある。ペアリフト一本で、オープンバーンを含め、全てのコースをカバーしている。スキー場の直ぐ近くには、後生掛温泉、八幡平高原ホテル、八幡平グリーンホテル、八幡平レークインなど宿泊施設も多い。   


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月 3日 (日)

秋田八幡平スキー場

このスキー場に行くしかないか。。。でも遠いなー、アクセスがなー。。。ほとんど青森県だなー。。。仙台からだとたっぷり4時間はかかるだろう。 アスピーテラインが冬季閉鎖で使えないので、秋田北部の鹿角八幡平インターを降りて、40分くらい南下しなければならない。やれやれ。(笑) 青森県の八甲田スキー場も時間短縮でなんとか営業を続けているようだ。さて、どうするか?ガソリンの問題もあるしなー。。。。。

Banner_ski11_2ここは、ペアリフト1本、コース、わずか2本という小規模なスキー場である。 しかし、豊富な積雪量をほこり、11月下旬から5月の連休まで楽しめる。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

オニコウベ スキー場(宮城県大崎市鳴子温泉)

山頂コースで、リフトに乗っているとき、突然の揺れ、30秒以上続いただろうか?左右へのゆったりとした大きな揺れだった。軽い吐き気がしてきた。船酔いした気分になった。幸いリフトが止まるほどの激しい揺れではなかった。震源地は三陸沖、なんと宮城県北部では震度5だった。ビックリ。震源地が、3年前の地震の時のように栗駒山だったらと思うとゾッとしました。雪崩とかで死んでいたでしょうねー。。。(冷汗) 

Cimg0346山頂コース (フォレストロード)トップ付近。全長1000メートルのバーンで周りにはブナの樹林帯が広がる。標高は1055メートルとたいして高くはないが、積雪は豊富、内陸部のため雪質は最高のパウダースノーだ。コースを外れてブナの樹林帯の中を滑ることができる。ちよっとしたオープンバーンだ。ふかふかのパウダー。ボードが浮き上がる。舞い上がるスノースプレー。最高のパウダーランができた。 パウダーランには、スノーボードが似合ってると思う。滑ったことはないが、 ディープなパウダーでも沈まずに浮遊感を楽しむことができると思うな。あの浮遊感は病み付きになりそうです。(笑)

Cimg0341朝一のロマンスフィールド。 綺麗にグルーミングされたノートラックのバーン。なんと、ここを最初に滑ったのでした!!気分爽快だった。(笑)   リピーターチケット(リフト一日券+1000円の食事券+スパ鬼首の湯割引券付きで 3700円)を購入して、9時過ぎから14時30分まで滑ってきました。帰りには、いつものようにスパ鬼首の湯へ。。。。

Cimg0350禿(かむろ)岳とホテルオニコウベ。 1日のほとんどを山頂のフォレストロードで滑っていました。山麓のコースを滑ったのは3本くらいかな。   天候、晴れたり曇ったり、気温、低め、風、多少有り、で真冬なみのコンディション。ラッキーでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

スノーパーク ジャングル・ジャングル(山形県東根市)

二週連続で晴天なんて、普通ありえないですね(笑)  スノーパークまでは、仙台中心部からでも1時間強の距離(山形県東根市は仙台市青葉区と接している) 積雪量も多く、雪質もいいので、仙台からも多くのスノーフリークが滑りに行ってます。 正式名称は、黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル。JANGLEはワイワイガヤガヤ、にぎやかという意味、JUNGLEはそのまんま、密林ですね。 気温高め、積雪充分(290センチ)、無風、ほとんど春スノーボードでした。 4時間券を購入し9時過ぎから13時過ぎまで滑ってきました。

Cimg0332スノーパークのシンボル、黒伏山とジャングルプラザ。 スノーボーダーが圧倒的に多い。クロスのコースもパークも充実している。スノーボーダー8に対してスキーヤーが2の割合、ここはスノーボーダーの聖地だ。

Cimg0326スノーパークトップから望む月山。朝日連峰の眺めも素晴らしかった。 ここの標高は、1000メートルくらいでたいして高くはないが、月山を越えてくる季節風が吹き込む谷になっているため積雪量が非常に多い。  ここから東側に展開するイースト1コース(全長1800メートル)を連続で2回滑った。中斜面~急斜面~中斜面と続く。長い!コース幅も広く爽快だ。雪が固く太腿、足首が痛くなってくる。さすがに終盤になると息も上がってくる。2回目は、途中でストップ、休憩を入れてしまった。(笑)

Cimg0335_2ウエスト1コース中間部付近。黒伏山が圧倒的な存在感で迫ってくる。。。朝方は雪が固い。ここ数日の陽気で溶けて凍った感じだ。けっこう足腰に負担がかかる。太腿が痛くなってきた。 気温が上がってくれば良くなるかな!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月16日 (水)

箕輪スキー場(福島県猪苗代町)

ハイシーズンの箕輪スキー場は、7~8年振りでした。  2~3年に一回あるかないかの、一片の雲もない完璧な晴天。気温低め。おまけに無風。圧倒的な積雪。雪質、最高のシャンペンスノー。アイスバーンなんてありませんでした。(笑) 箕輪パック(リフト1日券+1000円の食事券)を購入し9時~14時30分まで滑ってきました。

Cimg0314箕輪スキー場トップ(エンジェルストリート トップ)、1500メートルから望む会津磐梯山。右側に見えるのが猫魔スキー場、さらに右の方には一面凍りついた桧原湖も見えました。いや~、息を呑むような景色が展開していましたね。

Cimg0313エンジェルエクスプレス(リフト)で行く。。。。このあたりの自然環境はすばらしいです。。。。人気コース メイプルストリートは、スキーヤーでけっこう混んでいましたが、こちらはガラガラ状態。アルペン系のスノーボーダーとかっ飛び系のスキーヤーが滑っていました。迂回路もありますので、初心者でも登ってこれます。

Cimg0317エンジェルストリート。全長1100メートル、最大斜度30度、平均22度のタフな斜面である。上部はコブが多いがアイスバーンはなく、ここを過ぎれば快適な斜面が続く。 メイプルストリートが混んでいるときは、こちらに避難するのもいいでしょう。

Cimg0304箕輪で一番の人気コース、メイプルストリート上部付近。全長1600メートル、斜度13度~25度、緩斜面~中斜面~急斜面とストレートに続く。 いきなり3本連続、ノンストップでのライディング。爽快で透明なフリーライド。聞こえるのは風の音だけ、雑念が消えた。 最後に待ち構える急斜面はさすがにきつい。太腿がパンパンになる。朝からテンション 上がりっぱなしだった。(爆) 

Cimg0303メイプルストリートトップ付近。ここからの磐梯山の眺めも素晴らしい。  レンタルウェアーに身を包んだ高校生のスキー教室で賑わっていました。なんと、スキーだけでなく、スノーボード教室もありました。これにはびっくり。スキー7、スノーボード3の割合かな。10人くらいののグループに分かれて、それぞれインストラクターが付いていました。ほとんど初めてのスキー、スノーボードだったでしょう。しかし、午後になるとけっこうまともに滑っていました。すごいです。若いって素晴らしい!(笑) 東京あたりから来たのかなー?と思いつつ聞いてみたら、なんと、九州の長崎県から来たとのこと。私立高校のようでした。今日は近くの温泉に泊まり、明日は東京に行って一泊するとか。いいですねー、修学旅行みたいな感じかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

オニコウベスキー場(宮城県大崎市鳴子温泉)

終日曇り、時々晴れ、無風、積雪充分、雪質は最高!!さすが内陸にあるスキー場ですね。スプリングバレーやえぼしなんかとは、全然違いました。足腰に全く負担がかからないので、何本滑っても疲れないです。すっきりとライディングに集中できまた。   リピーターズチケット(リフト一日券+1000円の食事券+スパ鬼首の湯割引券付きで 3700円)を購入して、9時過ぎから14時30分まで滑ってきました。帰りには、スパ鬼首の湯に寄り「雪見風呂」を堪能して来ました。大満足です。(笑)

Cimg0292自衛隊のみなさん、県内の高校生の皆さんでゲレンデは大いに賑わっていました。高校生の皆さんは、ホテルオニコウベに一泊してのスキー実習だとか。やれやれ、時代は変わりましたね。(笑) 相変わらず一般のお客さんは少なかったです。(涙)   今のスキー場を支えているのは、こうした自衛隊のスキー訓練や小中高生のスキー実習ですねー。やれやれ(笑)

Cimg0286ホテルオニコウベ。  昔は、「東北のチロル」と呼ばれリゾートスキー場の象徴でした。 オニコウベスキー場は、三菱地所がバブルの頃、隣のゴルフ場と一緒に開発しオープンさせました。しかし、バブルがはじけ、スキーヤー、スノーボーダーは減り続け、土日でもガラガラ状態でした。近くにもう一軒あったホテルは廃業。10軒以上あったペンションの半分以上も廃業しました。 現在は、三菱地所が撤退し、大崎市に譲渡され、株式会社オニコウベ(第三セクター)が運営しています。 

Cimg0288禿岳(かむろだけ)、オニコウベの象徴で、宮城・山形の県境付近にある山です。 鳴子も鬼首も大雪状態でした。 山頂コースからの迂回コース「ラビットロード」は、雪崩のため終日閉鎖!そのため 山頂コースを滑れるのは、超急斜面スネークロードを滑って降りてこられる上級者のみでした! スネークロードは、アイスバーンも多くスノーボードで滑ったら死んでしまいますので、当然山頂には行きませんでしたね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区)

連休明けだというのに、13時頃になるとかなり混雑してきました。ビックリです。(笑)  曇りベース、風少々有り、小雪、気温かなり低め。 いつものように4時間券を購入し、9時30分~13時30分頃まで滑ってきました。 スプリングバレーは、今年オープン20周年を迎えました。思えば、オープンした頃から滑っていました。大のお得意様ですね。(笑)

Cimg0267最奥のクレッセントコース。しっかり雪が付いていました。 全体的に雪が固かったです。昼過ぎになると表面の雪が削り取られてアイスバーンが露出。かなり足腰に負担がかかりました。やれやれです。安比とか磐梯山周辺のスキー場に行きたいなー。。。(笑)

Cimg0273第一駐車場。写ってはいませんが、画面の左奥までびっしりでした。三連休中は、大混雑だったでしょうねー。。。。気分良く、爽快に滑るなんて不可能!ストレスがたまって、どっと疲れが残ります。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区)

大幅な客数減で経営難に陥っているスキー場が多い中、ここスプリングバレースキー場は、毎年客数を増やし、黒字で大儲けしているスキー場であります。(笑) 100万都市仙台の中心部からでも1時間弱というアクセスの良さ、夜は10時まで営業(ナイター営業)していて、仕事帰りでも余裕で滑れるという アスレチック感覚のスキー場、コンパクトにまとまっていて飽きのこないコースレイアウト、他のビックなスキー場に比べてかなり安いリフト料金などなど。。。。。これで黒字にならないほうがおかしいですね。 4時間券を買って、9時過ぎから13時まで滑ってきました。 

Cimg0241朝一のスキー場、雲海が見えた! 朝方は、薄曇で濃いガスがかかっていたが、しだいに晴れ間が広がってきた。暖かい。風もない。積雪は十分だ。しかも天然雪。ストレスなく滑れる。一本目から全開で滑れる。久々に爽快なライディングができた。

Cimg0232キッズ ボーダー! なかなかタイトな滑りをしていました。親に似たのかな??(笑) スノーボーダーも親子連れが、かなり増えてきました。 昔、スキーヤーに嫌悪されていた、 茶髪にピアス、鼻ピアス、傍若無人、自己中の反体制的スノーボーダーは見かけなくなりましたね。(笑)

Cimg0239_3ベースから望む。 積雪は120センチで、ほぼ前面滑走可能でした。  スプリングバレースキー場、超初心者スノーボーダーの練習場所や幼児のそり滑り場、幼児のスキー練習場も完備しているスキー場でもあります。


| | コメント (0) | トラックバック (1)