2022年6月15日 (水)

蔵王山 (熊野岳) (宮城県蔵王町)

「刈田岳のイワカガミが見ごろを迎えている」 との情報を得て、6月13日 (月) に蔵王エコーライン宮城県側の大黒天駐車場から登ってきました。強風で寒かったですが、まずまずの天候となり最高のトレッキングがてきました。良かったです。 
大黒天駐車場 (9:00発) →刈田岳→御釜→蔵王山 (熊野岳 10:40着)  蔵王山 (熊野岳 10:50発) →御釜→刈田岳→大黒天駐車場 (13:00着) 約4時間のトレッキングでした。 (休憩含む)

宮城県と山形県の県境に南北25キロメートルに連なる蔵王連峰。平安時代には、「忘れずの山」 と呼ばれていて歌枕の地でした。その後、修験道の山となり「蔵王山」と呼び変えられました。歌枕だった 「忘れずの山」 は、蔵王連峰南端の花の山、不忘山として残ったそうです。

「 みちのくに あふくま川の あなたにや 人忘れずの 山はさかしき 」  

「現代語訳」: ( 陸奥国にある阿武隈川の彼方には、険しい不忘の山が立ちはだかっているように、忘れえぬ人にはなかなか逢うことがかないません )

 ( 喜撰法師 『古今和歌六帖』 より )

ちなみ に、喜撰 法師 (きせんほうし) とは、六歌仙の一人で 『土佐日記』 を書いた紀貫之のペンネームではないかと言われている人物とのこと。

Img_13287

登山口付近にて

最近は、この辺りでも熊の目撃例が多いそうです。やれやれ。

Img_13297

最初は荒々しい急峻な岩峰群を見ながらの登りになる。

現在の蔵王は、エコーラインとハイラインの二つの観光道路があるため、誰でも簡単に刈田岳に登り御釜など絶景を堪能できます。今回は、修験者が登ったという蔵王古道を登ってきました。

Img_13357

刈田岳 (1788メートル) 直下にある刈田岳避難小屋

誰も利用する人がいないのでしょう。内部はボロボロ。荒れ放題でした。

Img_13377

刈田岳 (1788メートル) 山頂に建つ 「刈田嶺神社」

刈田嶺神社の社伝によれば、役行者 (えんのぎょうじゃ) の叔父願行 (がんぎょう) が、「忘れずの山」 に奈良県吉野山の金峯山寺 (きんぷせんじ) 蔵王権現を勧請 (かんじょう) して、山名を蔵王山にしたとのこと。

Img_13557

刈田岳から御釜と外輪山の馬の背、蔵王山 (熊野岳) を望む

まだこんなに雪が残っていました。ビックリです!

Img_13387

御釜と五色岳   

絵葉書のような写真ですみません!(笑)

Img_13447

蔵王山 (熊野岳) 山頂直下の雪渓

この辺りにくると風がますます強くなり突風、烈風状態。猛烈な勢いでガスが流れていて目まぐるしく天候が変化する状態でした。

Img_13427

蔵王山 (熊野岳 1841メートル) 山頂

蔵王特有の猛烈な風が吹き付け、ダウンベストを着込んでフードを被っても寒くて、手がかじかんできました。冬用の手袋とニット帽が必要でしたね。10分ほどウロウロして写真を撮り、すぐに下山してきました。おかげさまで雄大な展望は、全くダメでした。やれやれ。

Img_13717

刈田岳へ向かう登山道脇のイワカガミの群落は、情報通り見ごろを迎えていました。まるでピンクの絨毯状態。素晴らしい!

蔵王と言えば高山植物の女王 「コマクサ」 と不忘山の 「ハクサンイチゲ」 ですが、「イワカガ」 も捨てたもんじゃないですね!(笑)

Img_13587

登山道脇に咲くイワカガミ

イワカガミは、ポピュラーな高山植物で珍しいものではないですが、群落状態ですと見応えがあります。

|

2022年5月31日 (火)

月山 (山形県西川町)

5月28日 (日) 、月山 (1980メートル) に登ってきました。 リフト1回券 (600円) を購入してリフトに乗り、月山リフト上駅へと向かう。 今回は、スキーやスノーボードはなしで純粋にトレッキングのみです。 日差しがあって暖かそうでしたが、風が強くかなり寒く感じられました。 でも気分爽快、最高のトレッキングができました。良かったです。 
月山駐車場 (8:45発) →月山リフトを利用→牛首→月山山頂 (11:30着)   月山山頂 (12:00発) →牛首→月山リスト上駅→月山駐車場 (14:00着)  休憩含む。約5時間15分のトレッキングでした。

Img_12727 

月山リスト上駅付近から山頂方面を望む。 6本爪アイゼンを装着して、いざ月山へ・・・・・・!

この日は日曜日。月山リスト下駅は、多くのスキーヤーやスノーボー、登山者でごった返していました。リフト券売り場は、U字型に長蛇の列。15分くらい並んでやっと購入することができました。全くやれやれです。

Img_12767

牛首のピーク付近を望む

今の時期の月山へは、姥ヶ岳の斜面に沿ってアップダウンを繰り返しながら、延々と続く広大な雪原の中を進んで行きます。片斜面が多いためアイゼンを装着しているとはいえ、けっこう難儀します。

Img_13107

標高1800メートルくらいの地点にて  遠方に見えるのは朝日連峰

やっと雪が切れてきました。ここでアイゼンを着脱。ここから山頂直下の鍛冶小屋跡まで、岩だらけの急斜面の登りが展開します。息が絶え絶えになり、けっこう汗をしぼられました。やれやれ (笑)

Img_12887

鍛冶小屋跡付近から朝日連峰を望む

磐梯朝日国立公園の素晴らしい展望が展開する。朝日連峰が下に見えます。

Img_13027

山頂直下のガレ場にて。後方が姥ヶ岳 (1670メートル) と朝日連峰

今登って来たところを振り返り見る。山頂はもうすぐだ!

Img_12967

月山山頂 (1980メートル) を望む

 山頂に鎮座する月山神社本宮は、月読命 (つくよみ) を祀り、延喜式神名帳にも載る由緒ある神社です。 山頂の東側には、大雪城と呼ばれる万年雪のとんでもなく広大な雪原が広がっています。

Img_12947

月山神社本宮

ここが月山山頂になります。今の時期は自由に参拝できますが、夏場は宮司さんが常駐しているので、お金を支払って身を清めてからでないと参拝できません。 鉄の扉には、穴が開いていて 「ここにお賽銭を入れてください」 と書いてあります。わたくしも貯金箱みたいにお賽銭を入れて参拝してきました (笑)

Img_12897

山頂から湯殿山コース側に少し下ったところに立つ 「芭蕉の句碑」

『 雲の峯  幾つ崩て  月の山 』 と刻まれています。1689年7月22日  (旧暦6月7日) 、芭蕉は旅に疲れた体にむち打って月山に登拝。 山頂に一泊し、翌日 曽良とともに湯殿山に下りました。その時詠んだ句がこれです。

わたくし的には、 『 雪の峯 息絶え登る 月の山 』 ですね (笑)

Img_e13097

新調したザックとトレッキングポール。7年くらい使っている愛用の6本爪アイゼン。6本爪の軽アイゼンは、雪渓登りには欠かせないギアです。ちなみに 「アイゼン」 はドイツ語です。英語、フランス語では 「クランポン」 と言います。

|

2022年5月25日 (水)

籬が嶋 (まがきがしま) (宮城県塩竈市)

先日、所用で塩竈市に行ったついでに歌枕の地 「籬が嶋」 を見てきました。昔、船から見たことはありましたが、このようにまともに見たのは初めてでした。やっと念願がかないましたね。(笑)

奥州一之宮 鹽竈神社を擁する塩竈市は、平安時代、藻塩を焼く辺境の製塩地として歌枕に親しまれてきた地でした。江戸時代以降は、城下町仙台への荷物の陸揚げ港として繁栄しました。

Img_12607

「籬が嶋」 (籬神社)  周囲150メートルの塩竈湾 (千賀の浦) に浮かぶ小さな島で、島には  「おくのほそ道」 の碑や社が建っている。今は、保全のための規制で立ち入り禁止になっています。

芭蕉が 『おくのほそ道』 で 「五月雨 (さみだれ) の空いささかはれて夕月夜かすかに、籬が嶋もほど近し」 と書いた塩竈湾の歌枕の地。 芭蕉の時代は、広い塩竈湾にポツンと浮かんでいたそうですが、現在は、湾の埋め立てによって陸地から間地かに見られるようになりました。

Img_12577

籬が島 (まがきがしま) の説明板 

仙台から多賀城の歌枕の地を巡って来た芭蕉と曽良は、1689年6月24日 (旧暦5月26日) に塩竈に到着。ちょうど梅雨のころでした。

『塩がまの浦に入相 (いりあい) のかねを聞く。五月雨 (さみだれ) の空いささかはれて、夕月夜かすかに、籬が嶋もほど近し。あまの小舟こぎつれて、肴わかつ声々に、 「綱手かなしも」 とよみけむ心もしられて、いとど哀 (あわ) れなり。 

その夜、目盲 (めくら) 法師の琵琶をならして奥 じょうるりといふものをかたる。平家にもあらず、舞にもあらず。ひなびたる調子うち上げて、枕ちかうかしましけれど、さすがに辺土の遺風忘れざるものから、殊勝 (しゅしょう) に覚えらる』  ( 松尾芭蕉  『おくのほそ道』 より)

 

「現代語訳」

『塩竈の浦に行くと夕暮れ時を告げる入相の鐘 (夕暮に寺でつく鐘) が聞こえるので耳を傾ける。五月雨の空も少しは晴れてきて、夕月がかすかに見えており、籬が島も湾内のほど近いところに見える。漁師の小舟が沖からこぞって戻ってきて、魚を分ける声がする。それを聞いていると古人が 「つなでかなしも」 と詠んだ哀切の情も胸に迫り、しみじみ感慨深い。 

その夜、目の不自由な法師が琵琶を鳴らして、奥浄瑠璃  (おくじょうるり)  というものを語った。平家琵琶とも幸若舞  (こうわかまい)  とも違う。本土から遠く離れたひなびた感じだ。それを高い調子で語るから、枕近く感じられてちょっとうるさかったが、さすがに奥州の伝統を守り伝えるものだから興味深く感心して聴き入った』    ( 松尾芭蕉  『おくのほそ道』 より)

Img_12617 

島の反対側から撮影  現在の 「籬が島」 は、曲木漁港内にポツンと浮かんでいます。

「我が背子を みやこにやりて 塩釜の まがきの島の 松ぞ恋しき」  ( 『古今和歌集・東歌』  詠み人知らず より)

ちなみに 「背子」 とは、夫など愛しい人という意味です。

Img_1263

塩竈湾を望む  

この翌日、鹽竈神社を詣でた芭蕉と曽良は、 「マリンゲート塩釜」 の観光桟橋がある辺りから船に乗り松島に向かいました。

|

2022年5月12日 (木)

親日国フィンランドとホームステイの思い出

フィンランドの若き首相マリンさんが初来日しました。なんと36歳とのこと。しかもファッションモデルなみの美人。いやー、驚きました。ボンドガールになるべきだと思いましたね。(笑)  

15年前、 「仙台フィンランド健康福祉センター」 関連で、フィンランド ヘルシンキの高校生二人をホームステイで受け入れたことがあります。彼らは非常に親日的で日本を尊敬していると話していました。理由の一つとして、日露戦争で極東の島国日本が大国ロシアに勝ったからとのこと。また、彼らは、ロシアを心から嫌っていました。日本に来るときに 「ロシアの上空を飛行機で飛ぶのも嫌だった」 と話していました。帝政ロシアからソ連時代にかけてフィンランドは、ロシアから侵略を受けて国土の20%を奪われたそうです。

2325okhyt

ファッションモデルのようなフィンランド マリン首相

早くNATOにに加盟できるといいですね。フィンランドの軍隊は、スウェーデン同様徹底的に訓練された精鋭部隊が多いので、NATOにとっては大いにプラスになるでしょう!

Img_1900

ヘルシンキの高校生 (18歳)、 右からラウリとアンリ

「フィンランドは、ロシア、ソ連に略奪された国土を絶対に取り戻すべきだ」 と話していました。

日本も絶対に北方四島を取り戻す!

ちなみに、写真のUPについては、彼らから当時すでに了承を得ています。

Img_19137 
右からラウリ、かみさん、わたくし、アンリです。

お土産のムーミンのマグカップとチョコレートを持って記念撮影!!

Img_1907

特上の寿司をとっての送別会

18歳ですが、フィンランドでは酒もタバコもオッケーです。若いだけに、彼らはとんでもなく呑みました。大いに盛り上がりましたね。懐かしいなー・・・・

Img_18927

アンリとラウリ、日本人高校生の友達二人とわたくしです。

「喝!」 「ロシアに勝つ!」 ではないですが、記念に禅マスターである 「達磨 (だるま) の絵」 をプレゼントしました。気に入ってくれて大変喜んでいましたね。良かったです。

 

アンリとラウリは、セックス・ピストルズが大好きで、発売されたCDは全て持っていると話していました。 そこでパンク・ムーブメントの旗手セックス・ピストルズの 「アナーキー・イン・ザ・UK」 です。みなさんも聴いて下さい。

--------------------------------------------------------------

オレはアンチキリスト
オレは誰の指図も受けない
欲しいものは分からないが手に入れる方法は知ってるぜ
通行人をぶっ飛ばすだけだ

欲しいものを手に入れる手段はいくらだってあるんだ
あの手この手を尽くし、最後の切り札も使って
敵も利用して  アナーキーも利用するぜ

|

2022年5月11日 (水)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

5月7日 (土) 、天元台高原スキー場に行ってきました。今シーズンは、あまりにも雪が多かったので 「おまけ」 のラストランです。(笑)  天候は、晴れベースで時々曇りという展開。半袖で滑りたくほどのぽかぽか陽気で、最高の春スノーボードができました。気分爽快。大満足です。
シニア5時間券を購入して、9時過ぎから12時30分頃まで滑ってきました。

Img_11817

一番下、標高1100メートルの 「しらかばゲレンデ」

御覧の通り、明日 (5月8日) で営業終了だというのに、なんとかラインが繋がっていてリフト乗り口まで滑ることができました。例年、ゴールデンウイーク頃になると 「しらかばゲレンデ」 は、雪がなくなり閉鎖されてしまいます。いやー、驚きました。

Img_11837

リフトに乗って、いざ出陣!

前回はスノーボードでしたが、ラストランということで今回もスノーボードを選択。 雪質は、上部がザラメ雪状態、下部が腐れ雪状態で、この時期としてはまずまずコンディションでした。

Img_11857

標高1820メートルのつがもり西コーストップ付近。

標高差500メートル、全長3000メートルの気分爽快なダウンヒルが楽しめる。 ザラメ状の雪質なのでまずまずのコンディション。ノンストップでベースまで滑る。腰や太腿、足首がガタガタになり息が上がる。やれやれ。

Img_11907

標高1820メートルのつがもり東コーストップから望む。

ここの滑り出しは、無圧雪の30度を超える急斜面が展開し、右側の樹林帯に沿って滑るとちょっとしたツリーランもでき、ハイクなしでBC気分を味わうことができます。しかし、ご覧の通り、雪が茶色く汚れていて、しかもデコボコ状態。ブレーキがかかりボードが滑らず、とんでもなく大変でした。このコースは、一回滑っただけで止めましたね。

Img_11867

標高1820メートルのつがもり東コーストップから望む。

残雪に覆われた飯豊連峰が綺麗に見えました。素晴らしい景観。 ぐるっと見渡すと、他にも朝日連峰や月山、蔵王連峰などが望めます。やっぱり標高が高いというのは、最大の魅力です。

Img_11917

赤湯ラーメン龍上海の元祖 辛味噌ラーメン 大盛 (1,050円)

ベースのレストランは、スキーヤー、スノーボーダーで混雑状態。早めに切り上げて麓の白布温泉に入ってから米沢市内の「赤湯ラーメン龍上海」で遅いランチとなりました。数年ぶりに食べましたが、仙台あたりの辛味噌ラーメンとは、全く違う味がしました。超美味かったです。(笑)

|

2022年5月 2日 (月)

南三陸 ホテル観洋 (宮城県南三陸町)

東北6県+北海道在住者限定の宿泊割引&クーポン券付きプランが、5月末まで延長されました。 (ゴールデンウィーク期間中は除く)  もうこれは行くしかないと思い南三陸町の  「ホテル観洋」 に、かみさん一泊してきました。 料理、温泉、施設、アメニティ、サービスなど全てにおいて良かったです。大満足でした。

Img_11137

レストランからの眺め

コロナワクチン接種証明と身分証明書を提示して15時過ぎにチェックイン。ロビーは、観光バスツアーのお客さんや修学旅行の中学生などで大混雑でした。

南三陸ホテル観洋は、奇跡的に津波の被害が少なく済み、多くの町民の避難所になりました。ホテル側は、食料や水、毛布、お風呂などを惜しみなく提供し、町民の長期にわたる避難生活を支えました。頭が下がります。

Img_11107

広いラウンジ 「ブルーライン」

ラムサール条約に登録されている志津川湾を一望できるホテルで、天然温泉と南三陸の景観が同時に楽しむことができます。温泉は感動しました。海に突き出たような露天風呂は、まるで海に浮かんでるような感覚になり、水平線から昇る朝日はまさに絶景でした。

Img_11127

夕食はこんな感じです。刺身は、とんでもなく美味かったです。山の温泉旅館で食べる刺身とは全く違うものでした。根本的に鮮度がちがうのでしょう!

Img_11157

メインの 「アワビの踊り焼き」

生きアワビを丸ごと焼いてからバターと醤油で味付けをしてナイフとフォークでいただきます。最高のひと時でした。特にアワビの肝は絶品。これには、レモンハイボールを合わせます。アワビのステーキには、ハイボールがよく似合う!

Img_11147

「フカヒレの姿煮」

こちらも南三陸ホテル観洋ならではの料理でした。トロッとした食感と独特の旨味。美味かったです。フカヒレには、美肌効果抜群のコラーゲンがたっぷり含まれています。かみさんは大喜び。ビール・ワインがすすみます。(笑)

Img_11487

南三陸温泉 ホテル観洋 対岸から撮影

ご覧の通り、海沿いに建つ10階建ての大きなホテルです。1、2階が大浴場、5階がロビー、ラウンジになっています。

|

2022年4月30日 (土)

震災遺構 大川小学校・南三陸復興祈念公園 (宮城県石巻市・宮城県南三陸町)

なんと、東北6県+北海道在住者限定の宿泊割引&クーポン券付きプランが、5月末まで延長されました。ただし 「ゴールデンウイーク期間中は除く」 です。これは行くしかないと思い、4月27日 (水) に南三陸町の  「ホテル観洋」 に、かみさんと一泊して震災遺構、伝承館、復興祈念公園を巡ってきました。

Img_10897

2011年3月11日の東日本大震災の津波により、大川小学校の児童、教職員84名が犠牲になり 「大川小学校の悲劇」 として広く知られるようになりました。大川地区全体で418名の方が犠牲となったのです。 この日も、仙台の中学校から多くの見学者が来ていました。

Img_10887

校舎と体育館の間の渡り廊下

コンクリートの柱ごとねじり倒されていました。2方向から来た巨大津波がぶつかり合い渦を巻いて襲ってきたそうです。思わず絶句してしまいました。

Img_10917

野外ステージの壁画

なぜかこの部分だけが残っていました。 宮沢賢治、銀河鉄道の夜、世界が全体に幸福にならないうちは個人の幸福はありえない、アメニモマケズ、カゼニモマケズ、ツナミニモマケズ・・・・・・

Img_10927

校庭脇の裏山から撮影、大川小学校を俯瞰する。

正面山の下を流れているのが北上川で右側が河口です。海までの距離は、僅か4キロ足らず。

Img_10957

校庭脇の裏山 

コンクリートで土留めをして山が崩れないようにしてありテラス (中学生がいるところ) になっていました。これは、震災前からあったものです。ここには、体育館裏の杉林  (シイタケ栽培体験学習の場)  から小学校低学年でも簡単に登ることができるのです。津波は、このテラスの下までしか来ませんでした。このテラスに避難していれば全員が助かったのです。 「なんで、50分以上も時間があったのにここに避難しなかったのが!!??」 と、今でも非常に悔やまれます。

Img_10997

大川震災伝承館

地震発生から津波が到達するまでの当日の出来事が時系列で詳しく見ることができます。あと、裁判に関するコーナーもありました。

Img_11277

南三陸町震災復興祈念公園

南三陸町では、津波による死者・行方不明 800人以上、消失家屋 3,000軒以上と壊滅的な状況でした。まさに 「町が、人が、消えた!」 です。

Img_11287

震災遺構 「旧防災対策庁舎」

高さ15メートルの津波は、建物を完全に飲み込んだ! ここでは、町の職員ら43名が犠牲になりました。

Img_11327

同じく震災遺構 「旧防災対策庁舎」

「小学1年生だったあの日、この目で見たものは まだ私の中で鮮明に生き続けている。どうかこの町が大好きだったあの日のように活気と人々の笑顔であふれる町になりますように。」

Img_11307

ホテル観洋で管理している震災遺構 「高野会館」

結婚式場だったこの建物は、屋上に避難していた327名の命をギリギリのところで救ったそうです。なんと、足元まで津波が来ていたとのこと。まさに奇跡です。

Img_11367

志津川湾にある 「サンオーレそではま海水浴場」 西側

ここも津波で全て消失しましたが、今ではすっかり復旧・復興していました。近くには、キャンプ場もありましたね。

|

2022年4月25日 (月)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市)

4月23日 (土) 、「夏油に始まり、夏油で終わる」 ということで 夏油高原スキー場に行ってきました。前回に引き続き天候にも恵まれ暖かく、爽快な春スノーボードを楽しんできました。積雪は、山頂付近で3メートル、ベースで1.8メートルと有り得ないくらいの量でした。ゴールデンウィークまで余裕のよっちゃんで滑ることができます。(笑)

春シーズンシニア5時間券 (3,700円) を購入して9時30分~14時過ぎまで滑ってきました。 

Img_10547

A-1コース中間付近

前回はスキーだったので、今回はスノーボードです。朝方は小雨が降り続き、ガスが立ち込めて視界不良状態でした。

Img_10797

全長2,200メートルのA-1コース いやー、素晴らしい眺めです。

緩斜面~急斜面~中斜面と続くバランスのいいコースです。夏油で1番人気のコースなので、滑る人も多くあっという間に荒れてきました。気温はあまり上がらないとの予報だったので、いつもの 「キャンバーボード」 を持って行きました。やはり、 「キャンバーボード」 は、春の湿った腐れ雪には不向きですね。ターンするときエッジが引っ掛かりやすいので、逆エッジになりやすいです。慎重に滑る必要があります。柔らかい腐れ雪用の 「ロッカーボード」 を持って行けば良かったかなーと、ちょっと後悔してます。

Img_10737

A-4コース上部付近

A-1コースが荒れてきたので、午後からは A-4コースで滑っていました。ザラメ状の圧雪されたグルーミーバーンだったので快適に滑ることができました。ロングターンとショートターン組み合わせ、リズムを変えながら軽快に滑ってきました。ただし、中間の急斜面がコブになっているので注意が必要です。

Img_10707

ゴンドラ降り口付近

今の時期は、オープンしているスキー場が少ないため、地元の岩手や盛岡、平泉ナンバー以外にも仙台や宮城、山形、秋田ナンバーの車も多く駐車していました。なんと第一駐車場は、ほぼ満車状態。ゴールデンウィークには、北関東方面からも多くのスキーヤーやスノボーダーが来ると思われます。

Img_10687

ベースにて

11時頃になるとガスがとれてきて視界良好になったきました。素晴らしい!予報通りです。これから徐々に晴れてくるでしょう!

Img_10597

ゴンドラに乗っていざ出陣!

ご覧の通り、朝方は小雨が降り続き視界不良状態。しかし、天候はみるみる回復して11時頃には、時折晴れ間も現れるようになりました。良かったです。

Img_10657

ランチは、 「グリルチキン&骨付きソーセージカレー」 とノンアルビール (1,500円) を頂いてきました。いやー、けっこうボリューム感たっぷりで美味かったです。存在感あり過ぎの骨付きソーセージは最高でしたね! (笑)

|

2022年4月18日 (月)

月山スキー場 (山形県西川町)

4月17日(日) 、「都会に夏を感じたら月山スキー場!」 ということで、月山スキー場に行ってきました。今までの冬のような寒さとは打って変わって、穏やかに晴れ上がり最高の春スキー、春スノーボード日和になりました。朝方冷え込んだため雪質もまずまずで気分爽快、快適なスキーができましたね。良かったです。

オープン初滑り特別1日券 (3,500円) を購入して、9:00~12:30分頃まで滑ってきました。 帰りには、いつものように 「道の駅にしかわ」 の温泉  (水沢温泉)  により疲れを癒してきました。

Img_e10147

駐車場から歩いて月山下駅に向かう

スキーヤーもスノーボーダーも登山者も雪山に浸透して行く・・・・・

Img_10287

リフトに乗っていざ出陣! 前回はスノーボードだったので、今回はスキーです。月山をスキーで滑るのは、実に15年~16年ぶりです。長かったなー!(笑)

Img_10247

月山リスト上駅から朝日連峰を望む

天候にも恵まれ、磐梯朝日国立公園の素晴らしい景観が広がっていました。気分爽快!

Img_e10207

月山リフト上駅付近

この日は、風もなく好天に恵まれたため、登山&スキー、登山&スノーボードの方たちが多く訪れていました。ざっと見たたけで50人前後の人が登っていましたね。いやー、驚きました。

Img_10307

沢コース中間付近

この辺りは、左右がほどよいバンクになっているので、スキーでもジグザグにスイングするような滑りができます。いやー面白かったです。夢中になって滑っていました。おかげで足腰の筋肉痛です。やれやれ (笑)

Img_10337

沢コース上部付近。この辺りは、25度くらいの快適な中斜面が展開する。

朝方は快適な斜面でしたが、昼頃になると荒れてきて月山特有の腐れ雪状態でなってきました。なんと、大きな雪の塊にはじかれて大転倒をしてしまいました。やれやれ。

Img_10387 

月山スキー場 1番人気の大斜面バーン・コースはご覧のように、いたるところに巨大に裂け目・クレバスが発生しているため、全面立ち入り禁止区域になっていました。20年くらい月山に通ってますが、こんなことは初めてです。びっくりしました。何でも、今年は例年にないくらい (10数メートルの積雪) の積雪があり、その雪の重みで多数のクレバスが発生したとのこと。

Img_10397

月山大斜面の向かい側の斜面にて。30度くらいの急斜面が展開する。

ここは、滑る人も少なく、ほとんど荒れてないためロングターンで爽快に滑ることができました。

Img_10417

ざるそばとばっけ味噌カツ丼のセット (1,100円)

月山上駅の食堂は、大混雑状態でした。そのため、早々に切り上げて、「道の駅にしかわ」 のレストランで遅いランチを頂いてきました。ばっけ味噌を使った味噌カツ丼は、最高に美味かったです。ばっけ味噌のほろ苦い味と春を感じさせる良い香りは、最高ですね!

|

2022年4月 5日 (火)

厳美渓温泉 「いつくし園」・えさし藤原の郷 (岩手県一関市・奥州市)

4月1日 (金) 、宮城、岩手、山形の 「旅応援割」 が延長になったので、厳美渓温泉 「いつくし園」 に一泊して、翌日 「えさし藤原の郷」 に行ってきました。 

とんでもなく安かったです。 「いわて旅応援割」 で5,000円、夕食の飲み物代に仕えるクーポン券で2,000円、さらに、 「いちのせき割」 で 3,000円!!  これでなんと二人で、20,000円の割引になりました。いやー、一関市は太っ腹ですね! (笑)

Img_09297

メインの前沢牛のすき焼き。

さらに、バイキングスタイルで様々な岩手の食材を使った食べ物があり大満足でした。

3時過ぎにワクチン接種証明と身分証明書を提示してチェックイン。ロビーは、お客さんであふれていました。チェックインするだけで20分くらいの待ち時間。やれやれ!

この日は、おじいちゃん、おばちゃんで満室状態。素晴らしい源泉かけ流しの温泉でしたが超混雑。夕食の大広間は、密状態でした。でも良かったです。これで今までの損失分を取り戻すことができるだろうと思いました。

Img_09327

昭和天皇が行幸際に観覧したという「御覧場橋」 (吊り橋) から撮影した厳美渓

仙台藩主 伊達政宗公が 「松島と厳美が我が藩領の二大景勝地なり」 と 絶賛した厳美渓の下流部。伊達政宗公がその美しさに魅了され、何度も足を運んで、景観を楽しんだと言われています。現在、厳美渓の両岸には50本ほどの桜が残っていますが、政宗公自ら植えたと伝えられており、これらの桜は、政宗公の雅号にちなんで 「貞山桜」 と呼ばれています。 厳美渓は桜の名所としても有名。

ちなみに、岩手県の一関市と平泉町、奥州市は、伊達藩領  (仙台藩領)  なのです。

Img_09397

ロケ資料館にて

えさし藤原の郷では、NHKの大河ドラマや民放の時代劇などのロケが行われました。最近では、大河ドラマ 「鎌倉殿の13人」 のロケもここで行われました。

Img_09477

奥州藤原氏の政庁

歴史公園 「えさし藤原の郷」 は、平安時代末期、平泉を中心に栄華を極めた奥州藤原氏ゆかりの建物を再現しています。

Img_09597

覆堂 (鞘堂) のない、創建同時の金色堂

伊達政宗公は、中尊寺、金色堂をこよなく愛し、ボロボロになった覆堂 (おおいどう) を外して頑丈で立派な覆堂って金色堂を手厚く保護しました。伊達政宗公が手厚く保護しなかったら金色堂は残っていなかっただろうと言われています。

Img_09637

伽羅御所 (きゃらのごしょ) 

平泉文化の最盛期を築いた藤原秀衡の居館を再現。平安時代の寝殿造様式を再現した日本唯一の建造物とのこと。

Img_09527

盛岡市にあった前九年合戦同時の厨川の柵

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」や「真田丸」などにも登場するそうです。

Img_e09447

えさし藤原の郷 「トリックアートの館」 にて

空を飛ぶ かみさんです。(笑)

Img_e09437

同じく えさし藤原の郷 「トリックアートの館」 にて

鬼に捕まったわたくしです。(笑)

Img_09657

ランチは、かみさんが 「えさし藤原の郷御前」 (1,300円)、わたくしが 「黄金清衡ラーメン」 (1,350円) を頂いてきました。

「黄金清衡ラーメン」 は、三陸産のコアミとワカメ、岩手県産の白金豚を使用し、なんと金粉をあしらったエビだしのタンタン麺です。最高に美味かったです。ところで金は体にいいのでしょうかね?? (笑)

|

«天元台高原スキー場 (山形県米沢市)