2019年11月11日 (月)

映画 「ジョーカー」Ⅱ

映画史に残るであろう、階段でのダンスシーンに使われている曲は、なんと、極悪人・狂人のグラムロッカー、ゲイリー・グリッターの「ロックン & ロール PART 2」でした。いやー、これには心底驚かされました。 でも、よく考えると狂人と化したジョーカーには、ぴったりフィットした曲です。(笑)  ちなみに、ゲイリー・グリッターは、児童売春、児童への性的虐待で繰り返し逮捕されている狂人です。やれやれ(笑)

この階段でのダンスシーンは、いつまでも心に残ります。忘れがたいです。

ゲイリー・グリッター 「ロックン & ロール  PART 2」 皆さんも見てください。

ゲイリー・グリッター 「ロックン & ロール  PART 1・PART 2」 

1970年代、極悪人のゲイリー・グリッターでしたが、そこそこ人気はありました。もちろん、デビットボウイやTレックスのマーク・ボランほどではなかったですが・・・・(笑)

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

映画 「ジョーカー」

先週見てきました。バットマンの宿敵である悪役ジョーカーの誕生を独自の解釈で描いた映画です。世界中で大ヒットしているそうですが、大いに理解できます。今年度を代表する一本になる映画でしょう。控えめに言っても傑作です。(笑) 絶対おすすめ!皆さん是非見てください!

1960年~1970年代にかけて盛んに作られた反体制的で暴力的な映画、いわゆる 「アメリカン・ニューシネマ」 の香りがプンプンする作品です。その 「アメリカン・ニューシネマ」 の傑作 「タクシー・ドライバー」 で主人公を演じたロバート・デ・ニーロが重要な役柄で出演しているのはご愛敬でしょうか?(笑)

9863mnbf

舞台は、バットマンでおなじみのゴッサムシティ。そこで社会問題となっている格差・貧富の差は、現代のわれわれの世の中を反映しているかのようだ・・・・映画は、大道芸人のアーサー (ジョーカー) の虚無でつらくい日々を積み重ねていく・・・・・

極度に緊張すると笑いが止まらなくなる精神障害を持っているアーサー、その泣きながら笑っているような病的な表情に心が痛む!  

衝動的な殺人事件を起こし心の中に秘めた何かがはじけ、日常のすべてから解放された後の階段でのダンスシーンは、映画史に残る名シーンでしょう!いつまでも心に残ります。 なんでもロケに使われたこの階段には、ファンが押しかけて写真や動画を撮りまくっているそうです。やれやれ聖地になっていますね。(笑)

予告編です。

なんと、アーサー (ジョーカー) と少年時代のバットマン (ブルース) が出会うシーンもあります。なんか、ほのぼのとしましたね。(笑)

ラスト近く、燃えるゴッサムシティ、ジョーカーがパトカーで連行されるシーンに流れるのは、クリームの名曲「ホワイト・ルーム」でした。いゃー、これには驚きました。まさに、ジョーカーの心情をあらわしているかのような歌詞です。さすがだと思いました。素晴らしいです。

駅の近くの白い部屋
黒いカーテンがかかってる
黒い屋根の街並みの
うらぶれた田舎町
そこにいるムクドリも
本当に疲れ切ってる
お前の黒い瞳の中の
輝いてる月の光を
銀色の馬が駆けてった
出て行くお前のその上に
夜明けの光が差している
本当にいい眺めだよ
日の光の入ってこない
この場所で待ってるよ
影さえも消えて見えなくなるような
そんな場所で待ち続けるよ

クリームは、エリック・クラプトン(G.Vo)、ジャク・ブルース(Bs.Vo)、ジンジャー・ベイカー(Ds) のスリーピースバンドで、結成は1966年。 活動期間は わずか3年でしたが、ロック史に残るスーパーバンドです。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

スターウォーズ展 (品川区天王洲アイル)

浅草のホテルに一泊した翌日は、かみさんと浅草寺あたりを散策した後、別行動になりました。スターウォーズにはほとんど興味がないかみさんは、上野の東京都美術館で開催している 「コートールド美術館展ー魅惑の印象派ー」 を見に行き、スターウォーズ大好きのわたくしは、品川区天王洲アイルでやっているスターウォーズ展を見に行くことになりました。

Img_55587

入り口にて。料金は 3,500円とちょっと高いです。やれやれ(笑)

今回のスターウォーズ史上最大規模の展示品は、一括してロサンゼルスに建設中のルーカス・ミュージアム・オヴ・ナラティヴ・アート (ジョージ・ルーカスの美術館) に収蔵されるため、日本では最後の展示会になるそうです。スターウォーズシリーズの最後の映画「エピソード9」が公開されるタイミングなので是非見に行きたいと思っていました。

Img_55507

今回のスターウォーズ展では一貫して「アイデンディティ」に焦点が当てられています。正式名称が「スター・ウォーズ アイデンティティーズ、ザ・エキシビション」なので当然と言えば当然なのですが・・・・・かなり心理学的要素が強すぎて主人公たちのようにある種の精神医学的障害の一種になりそうでした。(笑)

入館するとIDブレスレットを渡されます。これこそ今回の展示会のテーマです?? あちこちに設置されたインタラクティブ・スペースで質問に答え このブレスレットをタッチすると、最終的に自分オリジナルのキャラクターが完成するという、なんだかよく解らないものでした。(笑)

『世界中で200万人以上を魅了してきた 「スター・ウォーズ」 の大展覧会が、日本に上陸!!間近に迫る貴重な展示品の数々に、映画の感動と興奮がよみがえる。「スター・ウォーズ」史上最大規模の展覧会、ついに開幕!1978年の映画日本初公開から、41年――。本年12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語 「スター・ウォーズ」 がついに完結します。この歴史的なタイミングを前に現在開催されているのが、「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」 です。本展には、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点ものボリュームで展示されます。また、これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるためこれだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となります。』

Img_55547

ミレニアム・ファルコン!! いやー、素晴らしい!!

カリフォルニアのディズニーランドにオープンした映画 「スターウォーズ」 をテーマにした大型エリア 「スターウォーズ、ギャラクシーズ、エッジ」 には、なんと実物大の (本物の) ミレニアムファルコンがあります。さらに、フロリダのディズニーランドには、スターウォーズ・ホテルもオープン予定です。いやー、羨ましいかぎりです。東京ディズニーランドにも、近い将来できないですかね?(笑)

Img_55487

「C-3PO」と「R2-D2」のドロイドコンビ、もちろん映画で使われたホンモノです!

Img_55577

銀河帝国の悪の化身ダース・ベイダー (アナキン・スカイウォーカー)

スターウォーズ エピソード1~3は、ダース・ベイダー誕生の物語でした。

PR動画です。見てください。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

東京国立博物館 正倉院展 (台東区上野)

10月下旬、かみさんと一泊二日で東京に行ってきました。埼玉県の朝霞市で用事を済ませてから東武東上線で池袋に行き昼飯を食べたあと、上野の東京国立博物館で開催している正倉院展を見てきました。1300年という時空を超えてなお輝き続ける宝物の美しさに大感動しました。素晴らしい!!

Img_55027

なんと、平日にもかかわらず入館40分待ちという長蛇の列ができていました。人気の高さがうかがえます。やれやれ(笑)

Img_55067

御即位記念特別展 正倉院の世界—皇室がまもり伝えた美— !

Img_55757

正倉院展のパンフレット

『正倉院は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている』

Img_55167

前期の目玉は、8世紀に造られた古代西域の工芸美術の最高傑作で唯一現存する「螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」です。もちろんこれはレプカです。レプリカといっても本物と同じように作られました。時空を超えた緻密で華麗な装飾に息をのむ!! 感動ものです。皆さんも是非見に行って下さい。 本物はすべてが撮影禁止だったため、この辺くらいしか撮影できませんでした。(涙)  

最新技術を駆使した修復作業やレプリカ制作過程の緻密な紹介映像にも興味をそそられました。

Img_55117

ここ最後の展示室では、一部原寸大で再現された正倉院宝庫やレプリカの琵琶などが見ることができます。なんと、ここだけが撮影可でした。やれやれ(笑)

Img_55747

『皇室が守り伝えた悠久の美、正倉院の至宝と法隆寺献納宝物の代表作を、前期・後期で大幅に作品を入替えて披露する、正に令和元年ならではの特別展』 

60代~70代,80代のシニアを中心に大盛況でした。

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

那須連峰 Ⅱ (栃木県那須町)

那須連峰には、那須岳という山名の山はありません。那須五岳 (茶臼岳、朝日岳、三本槍岳、南月山岳、黒尾谷山) と呼ばれる山々が連峰を形成しています。三本槍岳は一等三角点の山。那須連山や日光、会津の山々を見渡す360度の展望は素晴らしい。

下山後は、那須湯本温泉で疲れを癒して、ビール好きのかみさんのために那須塩高原ビールを買ってきました。 

Img_53157_20191012072701

那須連峰最高峰の三本槍岳(1917メートル)山頂。 遮るもののない山頂からは、那須連峰の山々や会津の山々が360度一望のもとである。 
奇妙な山名ですが、江戸時代、会津藩、那須藩、黒羽藩 3藩の国境確認のため、三本の槍が山頂に立てられことに由来するとのこと。

Img_53267

三本槍岳山頂から南西方面を望む。遠方には、日光白根山、男体山、女峰山がはっきりと見て取れました。久々に素晴らしい眺望でした。

Img_54407

 峰の茶屋跡避難小屋付近から撮影。

ここから茶臼岳山頂まで約30分のタフな登りが続く。暑いくらいの陽気で、バテバテ状態の上、今回は右膝が痛くなってきてけっこう大変でした。まったくやれやれです。

Img_54537

ゆっくりとお鉢巡りをして山頂へ向かう。 山頂はもうすぐだ!

Img_54617_20191012073501

茶臼岳(1915メートル)山頂、雲海が広がっていた。

朝日岳の山頂でも見かけましたが、茶臼岳の山頂で休んでいると、携帯で仕事の話をしている中年の方をみかけました。周りをはばかることなく、あれこれと仕事の指示をしていましたね。仕事を休んで山登りに来たのでしょう。ご苦労様です。(笑)

Img_54677

茶臼岳山頂にある「那須嶽神社」

茶臼岳には、標高1690メートルまでロープウェイが通っていて軽装でも簡単に山頂に立つことができるので、多くの観光客が登ってきています。 山頂からロープウェイ山頂駅までの下りは、ひざ痛で難儀しました。ほとんどびっこを引きながら降りてきました。やれやれ!(笑)

Img_54487

茶臼岳山頂付近から望む。先ほど登ってきたばかりの朝日岳北面。ここらら見る朝日岳は、荒々しい岩肌のまったく別の山であるかのようです。

Img_54507

茶臼岳山頂付近から望む。 赤い屋根の峰の茶屋跡避難小屋が見えます。奥の山がいま登ってきたばかりの三本槍岳。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

那須連峰 Ⅰ (栃木県那須町)

昨日(10/10) 大丸温泉登山口(駐車場)から、峰の茶屋跡避難小屋→朝日岳→清水平→三本槍岳→清水平→朝日岳肩→峰の茶屋跡避難小屋→茶臼岳→那須ロープウェイ→大丸温泉登山口と周回してきました。雲一つない快晴・日本晴れという年に一度あるかないかの天候の元、最高のトレッキングができました。大満足です。

7時30分頃着きましたが、峠の茶屋登山口の駐車場やロープウェイ乗り場の駐車場は、平日にもかかわらす観光客や登山者の車で満車状態でした。仕方がないので少し戻り、大丸温泉の駐車場に空きを見つけて、なとかとめることができました。まったくやれやれでした。
大丸温泉登山口(7:45発)→峰の茶屋跡避難小屋→朝日岳山頂(9:45着)→清水平→三本槍岳山頂(11:15着)→清水平→朝日岳肩→峰の茶屋跡避難小屋→茶臼岳山頂(14:00着)→那須ロープウェイ→大丸温泉駐車場(15:15着) 約7時間30分のトレッキングでした。(休憩含)

Img_52467

朝日岳(1896メートル)南東面は、こんな感じです。紅葉は見ごろを迎えています。

地元のテレビ局のスタッフがたくさん来ていて、盛んにドローンを飛ばし撮影していました。

Img_52637

峰の茶屋跡避難小屋へ向かう。山は、平日にもかかわらず多くの登山者で混雑していました。

Img_54337

荒涼とした岩稜地帯を進む。正面は、最後に登る茶臼岳(1915メートル)

Img_52817

峰の茶屋跡避難小屋からは、岩稜地帯を超えて進み、手すり用の鎖が設置された岩場をトラバースする。最後に急斜面を直登すると朝日岳の肩にでる。

Img_52907

朝日岳(1896メートル)山頂。 

山頂からの展望は素晴らしく、広大な那須高原を一望に見渡せました。

Img_53017

朝日岳(1896メートル)山頂から望む茶臼岳(1915メートル) 赤い屋根の峰の茶屋跡避難小屋が小さく見えます。

茶臼岳は、那須連峰を代表する火山です。活火山で中腹の無限地獄などからは盛んに噴煙を上げている。朝日岳と茶臼岳は、絶妙な間合いで対峙していますね。

Img_54227

ピーク1900付近から望む朝日岳北西面

なんとなくマッターホルンみたいな山容ですね。(笑)

Img_54167

ピーク 1900メートルから望む三本槍岳(1917メートル)

ここから1時間15分くらいの距離だ!

Img_53107

清水平からピーク1900を望む。清水平には清々しい空気が流れていた。

山に挟まれた窪地に小規模ながら湿原が広がっている。火山活動で形成された、荒々しいダイナミックな景観が展開する中、なぜかほっとして一息つきたくなる場所です。たっぷり休んで力を貯めて三本槍岳へと向かう。三本槍岳はもうすぐだ!

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

栗駒山麓ジオパーク ビジターセンター (宮城県栗原市)

先週、栗駒山に登った帰りに寄って見学してきました。いやー、見ごたえがありました。素晴らしいです。みなさんも機会があったら見て下さい。  

「2008年6月、岩手・宮城内陸地震発生。この地震で栗駒火山の山頂から麓まで、さまざまな大地の破壊運動が生じた。これは、太古の昔から繰り返された地球のいとなみ。悠久の歴史の中で大地が変貌するページをめくる瞬間に立ち会った!」 

Img_51607

ここは、2015年に日本ジオパークとして認定された栗駒山山麓ジオパークの活動拠点となっている。

日本ジオパークは、なんと46ヶ所もあり、東北では「蔵王」と「月山」もジオパーク認定をめざしているそうです。

Img_51507

館内は、いろいろなゾーンに分かれていて見ごたえがありました。非常に興味深かったです。けっこうお奨めです。

Img_51597

「神の絨毯」と呼ばれる栗駒山の紅葉。

館内には、二階からも見ることができる大きなシアターがあります。400インチ2画面、4K画像に展開される大迫力の映像がすごいです。感動しますよ!

Img_51567

栗駒山山麓の世界谷地湿原

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

栗駒山 (宮城県栗原市)

昨日、「いこいの村栗駒」跡地にある裏掛コース登山口から栗駒山(1627メートル)に登り周回してきました。多少風がありましたが、天候もまずまずで涼しく最高のトレッキングができました。紅葉には少し早い感じでしたが、大満足です。 

裏掛コースは、表掛コースとともに修験道の時代からの古道です。変化に富んでいて、大変魅力的なコースですが、登っていたのはわたくしだけで、誰とも出会いませんでした。でも、東栗駒山コースと合流したとたんに多くの登山者に出会うことになります。やれやれ。

旧いこいの村登山口発 (7: 30)~ドゾウ沢源頭の崩壊地点~笊森(ざるもり)避難小屋分岐~東栗駒山分岐~栗駒山山頂着 (11: 10)  栗駒山山頂発 (11: 40)~いわかがみ平~旧いこいの村登山口着 (14: 30) 休憩含む。約7時間のトレッキングでした。

Img_50277

西側の駐車場にある登山口を案内板に沿って進む。

Img_50337

硫黄臭が漂う新湯沢を難なく渡る。

Img_50347

ブナの原生林の中の急斜面をひたすら登る。涼しくてもけっこう汗を絞られる。

いたるところに苔むした岩がゴロゴロと出現し、まさに「古道」という感じでした。登る人が少ないので、藪っぽいのかなー? と思っていましたが、予想に反して登山道は、笹などの下草が完璧に刈り払われていてストレスなく快適に登ることができました。

Img_50447

いよいよドゾウ沢の源頭部にさしかかる。期待でワクワクしてきました。(笑)

Img_50637

ドゾウ沢源頭部の大規模な崩落地点。手つかずで残っています。「栗駒山ジオパーク」の最大の見どころと言ってもいいでしょう。今回、この現場を見るために登ってきました。ここぞとばかりに写真を撮りまくりました。(笑)

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震によりここドゾウ沢の源頭部が大崩落しました。その時土石流が発生し、沢を10キロも流れ下り大きな被害をもたらしたそうです。

Img_50537

崩落現場は垂直に切れ落ち、自動車大の巨石がいたるところにゴロゴロと転がっていた。大雨になったらまた土石流が発生しそうな雰囲気です。すさまじい地震の爪痕を、こんなまじかで見ることができるなんてすごいことです。よくぞ、立ち入り禁止にしないでくれました。感謝です。 この辺りは道がないので、ロープが張られています。ロープに沿って進めば問題なく通過することができます。

Img_50417

土石流が流れ下ったドゾウ沢を見下ろす。今は緑が多くなりました。

Img_e50687

「天狗の碁盤石」か? 地図には「天狗の碁盤石」と載っていますが、それらしき巨石がいっぱいあったので、とれがどれがどれなのかさっぱり分かりませんでした。

Img_50817

稜線を超えて岩手県側に入る。笊森(ざるもり)避難小屋が見える。

後方の山は烏帽子山か?

登山道は逆U字型になっていて、一度岩手県側に入りまた宮城県側に戻って来るようになっている。この辺りの紅葉もまだ早いようでした。

Img_51077_20190926153501

栗駒山山頂から宮城県方面を望む。山頂は多くの登山者で賑わっていました。
展望は最高!気分は爽快!でした。

Img_e51067

栗駒山山頂から鳥海山方面を望む。右後方の山が鳥海山、少し雲がかかっていました。 山頂付近の紅葉は見ごろでした。

Img_51317

下山時山頂方面を望む。 

山頂からは、少し早い紅葉を見ながらゆっくりと中央コースを下り、いわかがみ平からは、ひたすら車道を下ってきました。やれやれ、けっこう疲れました。(笑)

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

南蔵王縦走・刈田峠~不忘山 (宮城県蔵王町、白石市)

蔵王エコーライン刈田峠~杉ヶ峰(1745m)~屏風岳(1817m)~南屏風岳(1810m)~不忘山(1705m)を往復してきました。 曇り時々晴れのまずまずの天候で、風が強く 涼しいを通り越して寒いくらいでした。この涼しさ、寒さが幸いし快調に登ることができました。いや~ラッキーでした。(笑)

今回もまた、登り始めて4時間を過ぎたあたりで、前回と同じ左の太腿内側が少し痙攣してきて痛くなってきました。このままだったら、またつるなーと思い用意してきたツムラ漢方の 「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」 を一袋飲んだら、なんと10分もしないうちに痙攣も痛みも治ってしましました。いやー、驚きました。その後は、まったく痛みもなく、つることもなく快調でした。 なんでも、「芍薬甘草湯」 はその名のとおり、芍薬と甘草の2つの生薬で作られていて芍薬と甘草は、筋肉の引きつりを緩める作用があるとのこと。 いやー、素晴らしい薬です。中高年の登山者に大人気の理由がわかりました。

刈田峠発 (7: 00)~不忘山着 (10: 00) 不忘山発 (10: 30)~刈田峠着 (13: 30) 休憩含む。約6 時間30 分のトレッキングでした。

Img_49957

標高1652mに展開する芝草平。もうすでに秋の装いでした。

Img_49407_20190914215201

屏風岳(1817m)山頂。 芝草平からは、緩いダラダラとした登りが屏風岳まで続く。

この辺りはガスに覆われて展望はまったくダメでした。

Img_49497

南屏風岳(1810m)山頂。 屏風岳から南屏風岳までは、坦々とした道が続き雲上の散歩が楽しめる。気分爽快です。

Img_49537

南屏風岳から不忘山 (左側) への稜線。 不忘山側から6~7人のグループが登ってきました。水引入道経由で周回するとのこと。

南屏風岳 (1810メートル) から不忘山 (1705メートル) までは、今までの雲上の散歩道とはうって変わって、両斜面が急斜面となって落ち込んだ崩壊の激しいヤセ尾根コースとなっている。慎重に進みましょう!

Img_49667

不忘山山頂を望む。山頂はもうすぐだ!あとひと登り!

Img_49707

不忘山 (1705メートル) 山頂。 山頂は、白石スキー場側から登ってきた登山者でけっこう混んでいました。さすが人気の山です。

Img_49767

山頂から長老湖方面を望む。 多少雲がかかってはいましたが、蔵王連峰最南端の山からの展望は、まずまずで良かったです。

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

国宝 縄文の女神 (山形県舟形町)

先月、鳥海山に登った帰りに山形県舟形町の西ノ前遺跡によってきました。ここは、縄文時代中期の遺跡で国宝に指定された土偶が発掘された遺跡として有名です。

Img_48437

国宝「縄文の女神」 高さ45センチ、国内最大の土偶である。

平成24年に国宝に指定されました。『文化審議会では「縄文時代の土偶造形のひとつの到達点を示す優品として代表的な資料であり、学術的価値が極めて高い」と高く評されました。』とのことです。  「縄文の女神」は、フランス、中国、ドイツ、イギリスの縄文展にも出品され  「大胆にデフォルメされたデザインが素晴らしい」 「現代彫刻を思わせる斬新さがある」 「まさにシュールなモダンアートだ!」 等々多くの称賛が寄せられたそうです。 まあ、このことがあって国宝に指定されたのでしょう。 本当に洗練された美しさがあります。5,000年前に造られたなんてとても思えないです。後ろ姿も素晴らしいですよ!(笑)

Img_48427

山形中央道沿いにある「西ノ前遺跡」  今は遺跡公園として整備されている。

Img_48417

舟形町の美肌湯「舟形若あゆ温泉」に展示されていた「縄文の女神」
「縄文の女神」の本物は、山形県立博物館に展示されています。

山形県立博物館はこちらをどうぞ。

http://www.yamagata-museum.jp/archives/jomon_no_megami/

| | コメント (0)

«鳥海山 途中撤退 (山形県酒田市)